攻撃的LED見えた...ヒュンダイ i30改良新型、初のPHEV設定へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

攻撃的LED見えた...ヒュンダイ i30改良新型、初のPHEV設定へ!

韓国ヒュンダイのCセグメントハッチバック、『i30 PHEV』市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

自動車 新車スクープ
ヒュンダイ i30 PHEV 市販型 プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ i30 PHEV 市販型 プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ i30 PHEV 市販型 プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ i30 PHEV 市販型 プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ i30 PHEV 市販型 プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ i30 PHEV 市販型 プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ i30 PHEV 市販型 プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ i30 PHEV 市販型 プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ i30 PHEV 市販型 プロトタイプ スクープ写真
韓国ヒュンダイのCセグメントハッチバック、『i30 PHEV』市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

「i30」は、兄弟モデルであるキア『シード』をベースに、欧州戦略車として2007年に初代が発売された。現在ヒュンダイは、欧州市場向け車名を「i+数字」で統一しているが、その記念すべき第一弾でもある。

ヒュンダイお得意のカモフラージュで現れた開発車両は、『ソナタ』に採用されたものと同タイプの新グリル、刷新されたブーメラン型のLEDデイタイムランニングライト、再設計されたコーナーエアインテーク、より存在感のあるフォグランプなどが見てとれる。またリアエンドでは、グラフィックが修正されたテールライト、バンパー、再配置されたリフレクターも確認できる。

キャビン内ではAndroid AutoとApple CarPlayの相互性を備えた8インチ・ディスプレイオーディオシステムが昨年アップデートされたばかりのため、大きな変化はないかも知れない。ただし、新機能を持つドライバー補助システムが追加される可能性があるようだ。

パワートレインは、前回アップデート時にEuro 6d Temp排出ガス基準に対応した新開発の1.6リットル Smartstreamディーゼルエンジンが設定されており、キャリオーバーされるだろう。最高出力のラインアップは96ps、116ps、136psの3種のチューンとなっている。

またプロトタイプのグリルに注目して欲しい。ヒュンダイのエンブレムは楕円形だが、長方形のフラップが被されており、カメラマンによると充電ポートを隠しており、この開発車両がPHEVの可能性が高いという。その場合、キア『シードスポーツワゴンPHEV』と同タイプのハイブリッドシステムが採用される可能性が高いはずだ。

ワールドプレミアは、2020年内と予想される。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top