BMW衝撃のビッグノーズを激写...M3新型、これが市販モデルだ! | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW衝撃のビッグノーズを激写...M3新型、これが市販モデルだ!

BMWは、高性能モデル『M3』『M4』に巨大キドニーグリルが採用されると噂されていたが、それを証明すべく衝撃の写真をスクープサイトSpyder7が入手した。

自動車 新車スクープ
BMW M3 市販型 スクープ写真
  • BMW M3 市販型 スクープ写真
  • BMW M3 市販型 スクープ写真
BMWは、高性能モデル『M3』『M4』に巨大キドニーグリルが採用されると噂されていたが、それを証明すべく衝撃の写真をスクープサイトSpyder7が入手した。

このインサイダー写真は、先日のリアビュー同様にBMWのチューニングを専門とする「Evolve Automotive」から送られてきたものだ。生産ラインで撮影された「M3 セダン」(G80型)プロダクションモデルは、まさに2019年9月のフランクフルトモーターショーで初公開され話題となった『BMW コンセプト4』からインスパイアされた巨大キドニーグリルを装着している。詳説するならば旗艦クロスオーバーSUV『X7』より大型なのはもちろん、コンセプト4より幅がタイトな分、縦がより長くさえ見える。またコンセプト4を彷彿させるシャープなヘッドライトや、立体感のあるサイドベンチレーションもかなりアグレッシブだ。

パワートレインは、ハードコア・クロスオーバーSUV『X3 M』や『X4 M』から流用される3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンを搭載。エントリーモデル「ベース」は最高出力454ps、ミドルモデル「ピュア」は480ps、トップモデルとなる「コンペティション」は最高出力510psと予想されており、8速ATと組み合わされる「M xDrive」四輪駆動が搭載されるだろう。

ワールドプレミアは2020年半ばと予想されているが、11月のロサンゼルスモーターショーでのサプライズも噂されている。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top