【動画】静粛性が格段に向上...ヒュンダイ ツーソンがワインディングロードを軽快に走る! | Spyder7(スパイダーセブン)

【動画】静粛性が格段に向上...ヒュンダイ ツーソンがワインディングロードを軽快に走る!

ヒュンダイのコンパクト・クロスオーバーSUV、『ツーソン』改良新型プロトタイプを、ビデオが捉えた。

自動車 新車スクープ
ヒュンダイ ツーソン スクープ動画
  • ヒュンダイ ツーソン スクープ動画
  • ヒュンダイ ツーソン スクープ動画
  • ヒュンダイ ツーソン スクープ動画
  • ヒュンダイ ツーソン スクープ動画
  • ヒュンダイ ツーソン スクープ動画
  • ヒュンダイ ツーソン スクープ動画
ヒュンダイのコンパクト・クロスオーバーSUV、『ツーソン』改良新型プロトタイプを、ビデオが捉えた。

力強くワインディングロードを走り抜けるプロトタイプは、静粛性が高く、韓国車のクオリティの高さを感じる。2004年に誕生したツーソンは、日本では「ツーソン」が地名と見なされ登録できなかったため、開発コードから「ヒュンダイJM」として販売されていた懐かしのモデルだ。現行モデルは、2015年から販売されており、これが初の大幅改良となる。

捉えたプロトタイプは、『サンタフェ』のような薄型のスプリット・ヘッドライトと、「カスケード」ワイドグリルに統一感を持たせたフロントエンドが見られるほか、やバンパーのエアインテークは、緩やかに湾曲した上部が確認できる。またテールライトは現行の横型から縦型へ再設計されている可能性あるようだ。

パワートレインは、1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジン、2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンのほか、2.4リットルディーゼルエンジンがキャリーオーバーされる見込みで、7速DCTと組み合わされるだろう。

ワールドプレミアは2020年内で、3列7人乗りが初設定される可能性もあるという。

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top