ジェネシス怒涛のSUV攻勢が始まる...第二弾「GV70」、かなり刺激的スタイルで2021年デビュー! | Spyder7(スパイダーセブン)

ジェネシス怒涛のSUV攻勢が始まる...第二弾「GV70」、かなり刺激的スタイルで2021年デビュー!

韓国ジェネシス初のクロスオーバー『GV80』を8月にスクープしたが、今度はその下に位置する『GV70』を初めてカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
ジェネシス GV70 開発車両 スクープ写真
  • ジェネシス GV70 開発車両 スクープ写真
  • ジェネシス GV70 開発車両 スクープ写真
  • ジェネシス GV70 開発車両 スクープ写真
  • ジェネシス GV70 開発車両 スクープ写真
  • ジェネシス GV70 開発車両 スクープ写真
  • ジェネシス GV70 開発車両 スクープ写真
  • ジェネシス GV70 開発車両 スクープ写真
  • ジェネシス GV70 開発車両 スクープ写真
韓国ジェネシス初のクロスオーバー『GV80』を8月にスクープしたが、今度はその下に位置する『GV70』を初めてカメラが捉えた。

ヒュンダイから高級車ブランドとして独立したジェネシスだが、販売不振が長期化しており、ライバルのレクサスに水をあけられている状態だ。そこで反撃の一手としえブランド初のクロスオーバーSUV「GV80」を投入、2020年から2021年にかけ怒涛のSUVラッシュを仕掛ける。2020年の「GV80」を皮切りに2021年には「GV70」、「GV60」(仮称)が続く予定だ。

GV70のベースとなる『G70』は、もっとも競争の激しい市場の一つである欧州Dセグメントモデルで、メルセデスベンツ『Cクラス』、BMW『3シリーズ』と対争っている。つまりSUV「GV70」はメルセデスベンツ『GLC』やアウディ『Q5』、BMW『X3』などをライバルとすることになる。

捉えたプロトタイプは、フロントエンドが完全にカモフラージュされている。しかし、グリルやサイドベンチレーションの形状がわかるほか、ハッチバックのように滑らかなルーフエンド、スポーティなリアクォーターウィンドウ、テールライトのアウトライン、そしてアグレッシブなエキゾーストパイプなど、かなり刺激的スタイルが確認できる。

パワートレインは、最高出力252hp、最大トルク353Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボエンジン、及び最高出力365hp、最大トルク510Nmを発揮する3.3リットルV型6気筒エンジンがG70から流用される見込みだ。駆動方式がセダン同様に後輪駆動と全輪駆動をセレクトできるのか、AWD専用になるのかにも注目したい。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top