ついに来た...日産フェアレディZ次期型、車名は「Z400」で400馬力のグレードも!? | Spyder7(スパイダーセブン)

ついに来た...日産フェアレディZ次期型、車名は「Z400」で400馬力のグレードも!?

日産が誇る伝統の2ドアスポーツ『フェアレディZ』(海外名:370Z)の次期モデルに関する新情報だ。そのプロトタイプがついに、ニュルブルクリンクに姿を見せた。テスト走行の様子をスクープサイトSpyder7のカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
日産 フェアレディZ 次期型の開発車両(スクープ写真)
  • 日産 フェアレディZ 次期型の開発車両(スクープ写真)
  • 日産 フェアレディZ 次期型の開発車両(スクープ写真)
  • 日産 フェアレディZ 次期型の開発車両(スクープ写真)
  • 日産 フェアレディZ 次期型の開発車両(スクープ写真)
  • 日産 フェアレディZ 次期型の開発車両(スクープ写真)
  • 日産 フェアレディZ 次期型の開発車両(スクープ写真)
  • 日産 フェアレディZ 次期型の開発車両(スクープ写真)
  • 日産 フェアレディZ 次期型の開発車両(スクープ写真)
日産が誇る伝統の2ドアスポーツ『フェアレディZ』(海外名:370Z)の次期モデルに関する新情報だ。そのプロトタイプがついに、ニュルブルクリンクに姿を見せた。テスト走行の様子をスクープサイトSpyder7のカメラが捉えた。

フェアレディZは、1969年に『ダットサン フェアレディ』に代わり初代が誕生、その後10年に渡り販売された。1978年には2代目が発売、ロングノーズ、ショートデッキのスタイルを継承しつつボデイはワイド化されている。1983年に登場した3代目では、直列6気筒に代わり新世代V型6気筒ターボエンジンを初めて搭載、本格スポーツカーの地位を気づいた。その後1989年に4代目、2002年に5代目、2008年に現行型となる6代目へと続き、いよいよ第7世代へとバトンタッチされる。

捉えた開発車両は、現行モデルをベースとしたテストミュールだ。まだボディコンポーネントやパーツに変化はなく、ストレッチやワイド化なども見られないが、唯一変化がみられるのは、フロントバンパーに新たなコーナーエアインテークが追加されている点だろう。

次期型では、インフィニティ『Q60』とプラットフォームやパワートレインを共有、兄弟モデルになる可能性があるという。その場合、3.0リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力はライバルとなるトヨタ『スープラ』新型「RZ」グレードの340psを超えると予想されている。また高性能グレードには「Z400」の車名が与えられ、最高出力は400psにも達すると噂される。

順調に開発が進めば、2021年にも発売が期待できそうだ。

日産 フェアレディZ、次期モデルのテスト車をついに目撃!最強モデルは「Z400」か

《Spyder7編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top