テスラへの挑戦が始まる...BMW電気版4シリーズ、ついに市販型ヘッドライト装着! | Spyder7(スパイダーセブン)

テスラへの挑戦が始まる...BMW電気版4シリーズ、ついに市販型ヘッドライト装着!

BMW初の4ドアクーペEV、『i4』の最新開発車両をカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
BMW i4 開発車両 スクープ写真
  • BMW i4 開発車両 スクープ写真
  • BMW i4 開発車両 スクープ写真
  • BMW i4 開発車両 スクープ写真
  • BMW i4 開発車両 スクープ写真
  • BMW i4 開発車両 スクープ写真
  • BMW i4 開発車両 スクープ写真
  • BMW i4 開発車両 スクープ写真
  • BMW i4 開発車両 スクープ写真
BMW初の4ドアクーペEV、『i4』の最新開発車両をカメラが捉えた。

基本的にi4は『4シリーズ グランクーペ』のEVバージョンとなる。市販型では、2017年のフランクフルトモーターショーで初公開された『i vision dynamics(アイ ビジョン ダイナミクス)』のスタイリングを取り入れながら、4シリーズ グランクーペを踏襲したものとなる。

捉えた車両は、鋭利なLEDデイタイムランニングライトを備えるプロダクションヘッドライトを装備し、デビューへまた一歩前進。グリルはどこまで巨大化されるのか謎だが、アーチ型のルーフラインは4シリーズ グランクーペに似ており、後部乗客のヘッドルームを十分に確保しているようだ。

リアエンドでは、テールライトのカモフラージュの下にプロダクションデザインが見える。エキゾーストシステムを持たないのはEVならでは。

i4市販型はBMWのモジュラーCLARプラットフォームを採用。60kWh、80kWhの2種のバッテリーパックが用意される。パワートレインのレイアウト(1つ、または2つのモーター)に応じてAWDおよびRWDバージョンが利用可能となるという。最も強力なi4は0-100km/h加速を4.0秒で駆け抜け、最高速度は200km/h以上、航続は373マイル(600km)とも噂されているが、現実的に考えると300マイル(483km)程度となるのではないだろうか。

プロダクションパーツが装着されているが、開発はまだ中期と思われる。2020年にコンセプトモデルを発表後、2021年に生産型がワールドプレミアと予想される。

BMW 4シリーズ の電動化モデルは『i4』に…ワールドプレミアは2021年か

《Spyder7編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top