「65歳の兄」へ...狂気の1546馬力!ダッジ チャレンジャー最強カスタムカー発表 | Spyder7(スパイダーセブン)

「65歳の兄」へ...狂気の1546馬力!ダッジ チャレンジャー最強カスタムカー発表

米国のチューニングメーカー、「スピードコア」は、SEMAショー2019にてダッジ『チャージャー』の新型カスタムカーを発表した。

自動車 ニューモデル
ダッジ チャージャー チューニングカー
  • ダッジ チャージャー チューニングカー
  • ダッジ チャージャー チューニングカー
  • ダッジ チャージャー チューニングカー
  • ダッジ チャージャー チューニングカー
  • ダッジ チャージャー チューニングカー
  • ダッジ チャージャー チューニングカー
  • ダッジ チャージャー チューニングカー
  • ダッジ チャージャー チューニングカー
米国のチューニングメーカー、「スピードコア」は、SEMAショー2019にてダッジ『チャージャー』の新型カスタムカーを発表した。

チャージャー「Purist」(ピュリスト)をベースとしたこのカスタムカーの心臓部には、『デーモン』から流用した6.2リットルV型8気筒エンジンを搭載、スーパーチャージャーを外し、ツインターボエンジンへ変更。さらにカスタムThitecヘッド、新開発インジェクター、カスタムエキゾーストシステムを搭載することにより最高出力は驚異の1,546psまで高められている。

パワートレインのアップデートに加え、カーボンファイバーワイドボディキットを採用、『チャージャー ワイドボディ』をベースとしたキットには、新設計のバンパー、拡張フェンダーフレア、軽量サイドスカートを搭載する。その他にもカーボンファイバーフード、スポイラー、リアディフューザー、足回りには、「ミッキートンプソンETストリートタイヤ装着するボガートホイールやブレンボ製ブレーキなどが見てとれる。またキャビン内では、補強バーが設置され、カーボンファイバー製デュアルシフトレバーなどを装備している。

尚このカスタムカーは、アレックス・パレルモ氏という方が、65歳の兄へのバースデープレゼントとしてオーダーしたものと伝えられている。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top