ポルシェ ボクスターと戦うために...ロータス「エラン」25年ぶり復活の可能性! | Spyder7(スパイダーセブン)

ポルシェ ボクスターと戦うために...ロータス「エラン」25年ぶり復活の可能性!

ロータスは、かつて2世代にわたり販売していたスポーツクーペ、『エラン』を復活させる計画をもっていることがわかった。

自動車 新車スクープ
ロータス エラン コンセプト
  • ロータス エラン コンセプト
  • ロータス エラン コンセプト
  • ロータス エラン コンセプト
  • ロータス エラン コンセプト
  • ロータス エラン コンセプト
ロータスは、かつて2世代にわたり販売していたスポーツクーペ、『エラン』を復活させる計画をもっていることがわかった。

エランは初代が1962年から1975年まで販売、1973年に2シーターモデルが生産終了した後に1975年に「+2S130」型が生産終了している。その後1990年から1995年まで第2世代が販売されており、復活が実現すれば25年ぶりとなる。

同社では、2010年のパリモーターショーで『エラン コンセプト』を発表、2013年に市販化予定だったが業績が下降し実現されなかった。しかし中国資本である「Geely」(吉利汽車)傘下に入り、潤った開発費によりエラン市販へ向け動き出したようだ。

新世代エランは、『エリーゼ』『エキシージ』『エヴォーラ』新型と共有する予定の新開発プラットフォームを採用、ポルシェ『718ボクスター』、BMW『Z4』新型より軽量のオープンモデルと予想される。またこれまで販売された2台よりフットプリントを拡大、居住性も大幅に向上するとみられる。

開発が順調に進めば、エラン新型は2020年内の発表が予想されている。同社では、2019年7月に2000馬力、320km/hのEVハイパーカー『エヴァイヤ』を発表。2021年にはポルシェ『カイエン』をライバルとするクロスオーバーSUVを発表予定で、Geely資本で息を吹き返したロータスに要注目だ。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top