ファンキーすぎるセダン...キア オプティマが激変!公式ティザーイメージを信じていいのか | Spyder7(スパイダーセブン)

ファンキーすぎるセダン...キア オプティマが激変!公式ティザーイメージを信じていいのか

韓国キアのミッドサイズ・セダン、『オプティマ』次期型のティザーイメージが公開、あまりの激変ぶりに本当にここまで変わるのか話題となっている。

自動車 新車スクープ
キア オプティマ 新型 ティザーイメージ
  • キア オプティマ 新型 ティザーイメージ
  • キア オプティマ 新型 ティザーイメージ
  • キア オプティマ 新型 ティザーイメージ
  • キア オプティマ 新型 ティザーイメージ
  • キア オプティマ 新型 ティザーイメージ
韓国キアのミッドサイズ・セダン、『オプティマ』次期型のティザーイメージが公開、あまりの激変ぶりに本当にここまで変わるのか話題となっている。

オプティマは、1993年にマツダ『クロノス』ベースの『クレドス/クラルス』の後継モデルとして誕生した。2002年には2代目「MG型」が登場、韓国では『ロッチェ』の名で販売、2007年に発売された3代目以降は韓国において『K5』の名で発売されている。K5の「K」は、Kia(キア)、Korea(韓国)、Kratos(ギリシャ語で支配)、Kinetic(英語で躍動的)の頭文字を由来とし、「5」はセグメントを表している。

現行モデルとなる4代目は2015年4月のソウルモーターショーで世界初公開されている。公開されたティザーイメージは、L字をと入れたファンキーなLEDデイタイムランニングライトを装備、アグレッシブなサイドエアインテーク、流麗なクーペフォルム、スリムなテールライトなどを装備、現行型とかけ離れたデザインが見てとれる。これらは公式なティザーイメージだが、どこまで市販型に反映されるか注目される。

キャビン内では、デジタルインストルメントクラスタとインフォテイメントシステムを統合することにより、ダッシュボードが大幅に改良されるだろう。コンパクトなロータリーシフターが再設計されるほか、一部ボタンはタッチスクリーンディスプレイに組み込まれるため消去されるはずだ。

ワールドプレミアは、2021年内と予想されている。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top