頂点には「ライオン」!ポルシェ パナメーラ大幅改良へ...コックピットも激写 | Spyder7(スパイダーセブン)

頂点には「ライオン」!ポルシェ パナメーラ大幅改良へ...コックピットも激写

ポルシェ『パナメーラ』改良新型の最新プロトタイプをキャッチ。その室内も初めて撮影することに成功した。

自動車 新車スクープ
ポルシェ パナメーラ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
ポルシェ『パナメーラ』改良新型の最新プロトタイプをキャッチ。その室内も初めて撮影することに成功した。

パナメーラは2009年から販売されている欧州Fセグメントに属する5ドアサルーンだ。2016年からは2代目となる現行モデルが登場、これが初の大規模改良となる。

エクステリアでは、カモフラージュが施されているフロントバンパーとリアエンドを中心に再設計される見込みで、『911』新型にインスパイアされたデザインが有力とみられている。

前回のスクープ時にはライムグリーンのブレーキキャリパーを装備した高性能モデル『ターボS E-ハイブリッド』だったが、今回の車両はイエローのブレーキキャリパーが見ててとれることから「パナメーラ4/4S」の開発車両と思われる。


室内では大きな変化は見られないが、スポークが異なり、ボタン類が少ない新デザインのステアリングホイールが装備されている。そのほかではインフォテイメントシステムの更新、新しいトリムや室内装飾オプションが追加予定だ。

パワートレインは、ベースモデルに最高出力325hpを発揮する2.9リットルV型6気筒、最高出力454hpを発揮する4.0リットルV型8気筒をラインアップ。「GTS」では最高出力454hpを発揮する4.0リットルV型8気筒エンジンが搭載される。また上位モデルには、最高出力671hpを発揮する「4E-ハイブリッド」、さらには最高出力680hpの「ターボS E-ハイブリッド」がラインアップされる。

しかし、ハイライトは社内コード「ライオン」と呼ばれ開発が進められているハードコアモデルだ。4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力は750psを発揮する内燃機関エンジンが予想され、2020年に登場するとみられるメルセデスの新型モデル、『AMG GT 73』をライバルと想定しているはずだ。

パナメーラ改良新型のワールドプレミアは、2020年3月のジュネーブモーターショーが有力と思われる。

ポルシェ パナメーラ、最強モデルは「ライオン」!? 改良新型の内外装をキャッチ

《Spyder7編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top