1.85億円の最強オープン...セナを超えたマクラーレン「エルヴァ」初公開!1960年代クラシックカーへオマージュ | Spyder7(スパイダーセブン)

1.85億円の最強オープン...セナを超えたマクラーレン「エルヴァ」初公開!1960年代クラシックカーへオマージュ

マクラーレンは、歴代最強のオープンモデルとなる『Elva』(エルヴァ)を初公開した。

自動車 ニューモデル
マクラーレン エルヴァ
  • マクラーレン エルヴァ
  • マクラーレン エルヴァ
  • マクラーレン エルヴァ
  • マクラーレン エルヴァ
  • マクラーレン エルヴァ
  • マクラーレン エルヴァ
  • マクラーレン エルヴァ
  • マクラーレン エルヴァ
マクラーレンは、歴代最強のオープンモデルとなる『Elva』(エルヴァ)を初公開した。

エルヴァは、196年代のクラシックレーサー、『M1A』『M1B』『M1C』へオマージュしたモデルで、価格は1,690,000USドル(約1.85億円)、わずか399台の限定生産とされている。

この新型スピードスターは、アクティブエアマネジメントシステム(AAMS)を搭載した初のモデルとなる。これはノーズを介してエアを送り込み、フロントクラムシェルから乗員の前方へ高速で流れながらコックピットの上方へ気流を生み出すシステムで、これによりヘルメットを装着せず、快適なドライビングが楽しめるという。

リアエンドには全幅サイズのアクティブスポイラーを搭載、高さと角度を調整しながらアエロバランスを最適化し、エアブレーキ機能を提供する。また気流を導くためのバーティカル・フェンスを備えるリアディフューザーを装備し、リアディフューザーと連動することにより、圧倒的ダウンフォースを生むはずだ。

心臓部には、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力815ps、最大トルク800Nmを発揮。7速DCTのトランスミッションと組み合わされ、0-100km/h加速は3秒未満、0-200km/h加速6.7秒と「セナ」以上のパフォーマンスを誇る。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top