BMW 4シリーズ新型、コックピット&後部座席を完全先行公開!これが「ミニ8シリーズ」の全貌だ。 | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW 4シリーズ新型、コックピット&後部座席を完全先行公開!これが「ミニ8シリーズ」の全貌だ。

BMWの欧州Dセグメント2ドアクーペ、『4シリーズ』次期型の最新プロトタイプをキャッチ!その室内を激写することに成功した。しかも今回は、右ハンドル&左ハンドル仕様をともに撮影することができた。

自動車 新車スクープ
BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ。写真は右ハンドル仕様だ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ。写真は右ハンドル仕様だ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
BMWの欧州Dセグメント2ドアクーペ、『4シリーズ』次期型の最新プロトタイプをキャッチ!その室内を激写することに成功した。しかも今回は、右ハンドル&左ハンドル仕様をともに撮影することができた。

キャビン内には、デジタルインストルメントクラスタ、3本スポークのパドルシフター付きマルチファンクションステアリングホイールを装備。センタースタック上部にはワイドな台形のインフォテイメントディスプレイ、その下にはスイッチ類とHVACベントのセットアップが配置され、『3シリーズ』新型とデザインを共有している。

エクステリアは、フロントエンドとリアエンドのデザインが刷新。新グラフィックのLEDデイタイムランニングライトを備えるヘッドライトや、スリムになったテールライトが確認できる。9月に公開された『コンセプト4』のような縦に伸びる巨大キドニーグリルの採用は「M」モデルでの採用が濃厚だが、4シリーズでは未だ不明だ。

予想されるパワートレインは、エントリーモデルに1.5リットル直列3気筒ターボエンジンのほか、最高出力258psを発揮する新開発の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ、2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボ、最高出力388ps、最大トルク500Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボエンジン搭載の『M440i xDrive』をラインアップする。

プラグインハイブリッドは遅れて設定されるほか、頂点には最高出力510ps、最大トルク598Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジン搭載する『M4クーペ』の設定も濃厚だ。M4クーぺの駆動方式は、7速DCTとMTの両方が用意される可能性があるほか、全輪駆動「xDrive」がオプション設定されるはずだ(上位モデルは標準装備の可能性も)。

ワールドプレミアの場は2020年3月のジュネーブモーターショーと予想されるが、先行してオンラインデビューされる可能性もある。

BMW 4シリーズ 次期型、運転席&後部座席まで丸見え!これが「ミニ8シリーズ」の全貌だ

《Spyder7編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top