24年ぶり復活のブロンコにベイビーが誕生!? その名は「アドベンチャー」か | Spyder7(スパイダーセブン)

24年ぶり復活のブロンコにベイビーが誕生!? その名は「アドベンチャー」か

フォードが開発しているとみられる、新型クロスオーバーSUVプロトタイプをカメラが初めて捉えた。

自動車 新車スクープ
フォード 新型SUV 開発車両(スクープ写真)
  • フォード 新型SUV 開発車両(スクープ写真)
  • フォード 新型SUV 開発車両(スクープ写真)
  • フォード 新型SUV 開発車両(スクープ写真)
  • フォード 新型SUV 開発車両(スクープ写真)
  • フォード 新型SUV 開発車両(スクープ写真)
  • フォード 新型SUV 開発車両(スクープ写真)
  • フォード 新型SUV 開発車両(スクープ写真)
  • フォード 新型SUV 開発車両(スクープ写真)
フォードが開発しているとみられる、新型クロスオーバーSUVプロトタイプをカメラが初めて捉えた。

かねてから噂のあったこの新型SUVは、同社『エスケープ』とプラットフォームを共有。「ベイビー ブロンコ」とも伝えられており、その車名として『アドベンチャー』や『ブロンコ スポーツ』が有力候補として上がっているようだ。

フォードが販売していた「ブロンコ」は1966年に初代が誕生、その後1992年に5代目が登場し、1996年まで販売されていたが生産終了となっていた。しかし2017年のデトロイトモーターショーにて、2020年にブロンコを復活させることを正式発表している。

捉えた開発車両は、かなりボクシーなボディスタイルがみてとれるが、だまされてはいけない。ルーフをはじめ、ボンネットフード、前後バンパーなど全体を偽装パネルでカモフラージュしており、リアウィンドウも完全なフェイクだ。唯一わかるのは、円形のラップアラウンド・ヘッドライトの一部だろう。

また今回は初めてそのキャビン内の撮影にも成功した。布で覆われているため、ディテールは不明だが、「エスケープ」2020年型と共有するとみられるレザーラップステアリングホイールがみてとれる。またデジタルクラスタらしきものも確認できるほか、6500rpmのレッドラインを持つタコメーター、その下には温度表示とギアインジケーターを備えているようだ。

パワートレインは、エスケープから流用される最高出力180hp、最大トルク240Nmを発揮する1.5リットル直列3気筒EcoBoostエンジン、及び最高出力250hp、最大トルク372Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒EcoBoostエンジンのラインアップが予想される。

ワールドプレミアは、2020年1月のデトロイトモーターショーが有力で、復活するブロンコと親子同時公開される可能性がある。

((

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!
)))

24年ぶり復活の「ブロンコ」にベイビーが誕生!? その名は「アドベンチャー」か

《Spyder7編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top