アストンマーティン風の回転タコメーター装備...ヒュンダイi20新型、デジタルクラスタを激写! | Spyder7(スパイダーセブン)

アストンマーティン風の回転タコメーター装備...ヒュンダイi20新型、デジタルクラスタを激写!

韓国ヒュンダイの欧州Bセグメント、サブコンパクトカー『i20』次期型プロトタイプをキャッチ、またその内部も撮影に成功した。

自動車 新車スクープ
ヒュンダイ i20 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ i20 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ i20 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ i20 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ i20 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ i20 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ i20 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ i20 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ i20 次期型 プロトタイプ スクープ写真
韓国ヒュンダイの欧州Bセグメント、サブコンパクトカー『i20』次期型プロトタイプをキャッチ、またその内部も撮影に成功した。

i20はキア『ソウル』とプラットフォームを共有、2008年に初代3ドアがデビュー、2009年には5ドアが発売された。その後8年に渡り世界累計100万台を達した人気モデルに成長している。

注目はそのコックピットだ。アナログだった計器クラスタは排除され、全てデジタルセットアップに刷新されている。クラスタ横には大型のタブレット型インフォテイメントシステムを装備し、デジタル・タコメーターはアストンマーティンの一部のモデルと同様に反時計周りに回転するという。センターコンソールを見下ろすと、専用画面とスマートフォンやその他のモバイルデバイスを接続して充電するためのUSBポートを2つ持つ空調設定が表示される。ステアリングホイール上のコントロールレイアウトは現行モデルに近いが、一部機能の配置が変更されているようだ。

エクステリアは厳重なカモフラージュがほどこされている。しかし、新デザインのメッシュパターンを持つ六角ラジエーターグリルが確認できるほか、再設計されたLEDテールライトの一部が露出している。また新型ではボディサイズが拡大され、後部座席のフットスペースが改善されるだろう。

予想されるパワートレインは、最高出力100ps、最大トルク172Nmを発揮する1.0リットル直列4気筒ターボエンジンなどで、新開発のATトランスミッションと組み合わされる。

i20新型のワールドプレミアは2020年内とみられており、ライバルにはトヨタ『ヤリス』(ヴィッツ後継モデル)を想定しているはずだ。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top