ランボルギーニ アヴェンタドール、3億円の「チェンテナリオ」風リアキットが発売! | Spyder7(スパイダーセブン)

ランボルギーニ アヴェンタドール、3億円の「チェンテナリオ」風リアキットが発売!

カナダを拠点とするチューニングメーカー、『Duke Dynamics』はランボルギーニ『アヴェンダドール』用の最新ワイドボディキットを発表した。

自動車 ニューモデル
ランボルギーニ アヴェンダドール カスタムキット
  • ランボルギーニ アヴェンダドール カスタムキット
  • ランボルギーニ アヴェンダドール カスタムキット
  • ランボルギーニ アヴェンダドール カスタムキット
  • ランボルギーニ アヴェンダドール カスタムキット
  • ランボルギーニ アヴェンダドール カスタムキット
  • ランボルギーニ アヴェンダドール カスタムキット
カナダを拠点とするチューニングメーカー、『Duke Dynamics』はランボルギーニ『アヴェンダドール』用の最新ワイドボディキットを発表した。

アヴェンダドールは、これまで合計8,300台を販売。発売から8年が経過しているが、昨年は1,209台を販売、2017年から3%の伸びを見せており、人気が衰えていないモデルだ。

「アヴェンダドール LP700-4/アヴェンダドールS LP740-4」をベースにカスタマイズするキット最大の特徴は、バンパーと一体化された垂直6スラットのリアディフューザーだ。外側からグリーン、ホワイト、レッドのイタリアン・トリコローレをあしらったもので、3億円の『チェンテナリオ』風に仕上げられている。

キットには、専用のリップスポイラーのエアベント、ボンネットフードのエアバルジ、サイドスカートなどが含まれ、フロントフェンダーは2インチ(50mm)、リアフェンダーは2.3インチ(60mm)にワイド化されている。

このボディキットは、最新の3Dレーザーテクノロジー、3D CADソフトウェア、及びCNCマシンを使用し作成されたオートクレーブプリプレグカーボンファイバー、またはFRP(プリプレググラスファイバー)から利用可能となる。

気になる価格は、35,000~50,000USドル(約380万円~約545万円+工賃)とかなり強気の設定となっている。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top