マツダ ロードスター次期型、ハイブリッド化でも軽量ボディをキープか | Spyder7(スパイダーセブン)

マツダ ロードスター次期型、ハイブリッド化でも軽量ボディをキープか

マツダのライトウェイトスポーツ、『ロードスター』次期型に関する最新情報を入手した。

自動車 新車スクープ
マツダ ロードスター次期型、ハイブリッド化でも軽量ボディをキープか
  • マツダ ロードスター次期型、ハイブリッド化でも軽量ボディをキープか
  • マツダ ロードスター次期型、ハイブリッド化でも軽量ボディをキープか
  • マツダ ロードスター次期型、ハイブリッド化でも軽量ボディをキープか
  • マツダ ロードスター次期型、ハイブリッド化でも軽量ボディをキープか
  • マツダ ロードスター次期型、ハイブリッド化でも軽量ボディをキープか
マツダのライトウェイトスポーツ、『ロードスター』次期型に関する最新情報を入手した。

1989年に初代が登場したロードスターは、「ユーノス店」第一弾モデルとして『ユーノス ロードスター』の名称で発売された。その後1996年に「ユーノス」の名称が消滅、1998年にデビューした2代目では『マツダ ロードスター』に生まれ変わった。2005年には3代目(NC型)が発売し、プラットフォームを刷新、現行モデルである4代目(ND型)は2015年に登場、発売から4年が経過し、次期型への期待が高まっている。

これまで新型に関してほとんど情報がなかったが、マツダR&D専務執行役員・広瀬一郎氏は、Autocar誌のインタビューでロードスター次期モデルに関して、「第5世代でもコンパクトであり軽量ボディはキープされる。自動車のトレンドに左右されることはないが、縮小するスポーツカー市場で生き残るために大きな変化が起こる可能性があるだろう。例えば厳しい排出ガス規制に対応できるようハイブリッドパワートレインは有力な選択肢だ」と語ったようだ。

ただし、ハイブリッドの重量増加の影響を考慮するなら、アーキテクチャやコンポーネントの大幅な軽量化が必要となるだろう。同氏は「軽量化を保つために最適なパワートレインを考え、条件と好みが多様化しているため、さまざまなオプションを検討していくことになる」と付け加えている。

最終的なパワートレインは、マツダ『3』から流用する「SKYACTIV-X」+マイルドハイブリッド、あるいは新開発のハイブリッドなのか定かではないが、現行ロードスターの車重2,332ポンド(1,057kg)を最小限度の増加に抑え、電動化される可能性は高いと言えそうだ。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top