シボレー コルベット ZR1新型、3モーター搭載ハイブリッドで900馬力発揮の可能性! | Spyder7(スパイダーセブン)

シボレー コルベット ZR1新型、3モーター搭載ハイブリッドで900馬力発揮の可能性!

シボレーコルベット新型、「C8」世代に設定されると予想される『ZR1』に関する最新情報を入手した。

自動車 新車スクープ
シボレー コルベット C8.R
  • シボレー コルベット C8.R
  • シボレー コルベット C8.R
  • シボレー コルベット C8.R
  • シボレー コルベット C8.R
シボレーコルベット新型、「C8」世代に設定されると予想される『ZR1』に関する最新情報を入手した。

ZR1次期型では、初のハイブリッド化の可能性があると今夏にもお伝えしていたが、その可能性が極めて高いことが米「Motor Trend」誌の調べでわかった。

それによると、心臓部にはフラットクランクのデュアルオーバーヘッドカム V型8気筒ツインターボエンジンを『Z06』と共有し、レーサー『C8.R』に似ているエンジンが搭載されるという。電気モーターは、エンジンとトランスミッションの間に一つ配置しパワーを強化、合計3モーターの搭載が予想されている。3モーターといえば、テスラの新世代パワートレイン「Plaid」が噂されており、高性能ハイブリッドの主流となりつつある。

またパフォーマンス向上のために搭載されるこのハイブリッドは、4輪トルクベクタリングを適用し、全輪駆動システムとなることも濃厚だ。

ベースモデルの新型コルベット・スティングレイは、これまでのFRレイアウトからミッドシップレイアウトへ変更し、直噴6.2リットルV型8気筒ガソリンエンジンを搭載、最高出力は495psを発揮する。0-100km/h加速は3秒以下とされ、コルベットのエントリーモデルとして史上最速を誇る高性能モデルへ進化したが、ZR1ではそのパフォーマンスを大幅に超える性能が見られそうだ。

ワールドプレミアは、2021年以降となるだろう。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top