日産の次世代フルEV「アリヤ コンセプト」、CES 2020に登場へ...市販型ではデザインに大きな変化も!? | Spyder7(スパイダーセブン)

日産の次世代フルEV「アリヤ コンセプト」、CES 2020に登場へ...市販型ではデザインに大きな変化も!?

日産が東京モーターショー2019で公開した次世代フルEV『アリヤ コンセプト』は量産を前提としているが、市販型ではエクステリアデザインに大きな変化がみられそうだ。

自動車 新車スクープ
日産 アリヤ コンセプト
  • 日産 アリヤ コンセプト
  • 日産 アリヤ コンセプト
  • 日産 アリヤ コンセプト
  • 日産 アリヤ コンセプト
  • 日産 アリヤ コンセプト
  • 日産 アリヤ コンセプト
  • 日産 アリヤ コンセプト
  • 日産 アリヤ コンセプト
日産が東京モーターショー2019で公開した次世代フルEV『アリヤ コンセプト』は量産を前提としているが、市販型ではエクステリアデザインに大きな変化がみられそうだ。

アリヤ コンセプトは、ダイナミックな美しさと、シャープなデザインを採用。極端に短いフロントオーバーハング、大型のキャビン、大径ホイールを装備、スポーティさと、ラグジュアリーのバランスがとれたエレガントなエクステリアを特徴としている。同モデルは、2020年1月7日から米国ラスベガスで開催される「CES 2020」に出展されるが、同社のデザイン幹部であるアルフォンソ・アルベイザー氏によると、市販型ではこのエクステリアが大きく変わることを示唆しているという。

EVパワートレインは、フロントにデュアルモーター、リアにシングルモーターを装備、ツインモーター4輪制御システムを採用することにより、瞬時に緻密なトルクコントロールが可能にし、優れた加速性、悪路でのトラクションコントロールを実現する。また高速道路でクルージング中、ハンドオフで運転可能な「プロパイロット2.0」も搭載している。

日本発売は2020年終わりが有力で、気になる価格はハイエンドモデルでは、700万超えと予想されている。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top