真の贅沢...100万のステッチがロールスロイス ファントムを「バラ園」に! | Spyder7(スパイダーセブン)

真の贅沢...100万のステッチがロールスロイス ファントムを「バラ園」に!

ロールスロイスは、車内にバラの刺繍が散りばめられたワンオフモデル『ローズ ファントム』を初公開した。

自動車 ニューモデル
ロールスロイス ローズ ファントム
  • ロールスロイス ローズ ファントム
  • ロールスロイス ローズ ファントム
  • ロールスロイス ローズ ファントム
  • ロールスロイス ローズ ファントム
  • ロールスロイス ローズ ファントム
  • ロールスロイス ローズ ファントム
  • ロールスロイス ローズ ファントム
  • ロールスロイス ローズ ファントム
ロールスロイスは、車内にバラの刺繍が散りばめられたワンオフモデル『ローズ ファントム』を初公開した。

手がけたのは、同社のパーソナル・カスタマイズプログラム「Bespoke Collective」」(ビスポーク・コレクティブ)だ。これまでも顧客一人一人への思いを形にし、全てハンドメイドで制作される究極のワンオフを追い求めて制作されており、今回はストックホルムを拠点とする起業家に依頼されてのものだという。

そのキャビン内を見ると、ヘッドライナー、ドア内張り、ダッシュボードなどにバラと蝶が散りばめられている。また「チャールズブルー」と名付けられた専用カラーレザーシートを採用しており、内張りと見事に融合しているのが印象的だ。実はこのバラは、英国ウエストサセックス州グッドウッドにある、ロールスロイス本社に咲くバラがモチーフになっているとのことで、依頼人のこだわりが深いことも伝わる。

エクステリアでは、ボディやホイールにチャールズブルーのアクセントが入っており、室内外に一体感を出すなどスキのない仕上がりとなっている。ロールスロイスでは、制作時間などについて言及していないが、このローズファントムを「100万の刺繍ステッチで作られた、真の贅沢の聖域」と表現しており、価格も非公開だが、1億円~2億円とみられる。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top