レクサスに対抗...ジェネシス「GV80」、ついに世界初公開!アジアを代表する高級SUVとなれるのか | Spyder7(スパイダーセブン)

レクサスに対抗...ジェネシス「GV80」、ついに世界初公開!アジアを代表する高級SUVとなれるのか

韓国・ヒュンダイは、高級ブランド「ジェネシス」から初となるクロスオーバーSUV、『GV80』の公式写真を世界初公開した。

自動車 ニューモデル
ジェネシス GV80
  • ジェネシス GV80
  • ジェネシス GV80
  • ジェネシス GV80
  • ジェネシス GV80
  • ジェネシス GV80
韓国・ヒュンダイは、高級ブランド「ジェネシス」から初となるクロスオーバーSUV、『GV80』の公式写真を世界初公開した。

かつてヒュンダイのモデルとして存在したジェネシスは、2015年に世界市場においてレクサスに対抗すべく、高級ブランドとして誕生、その後中々業績が上がらない中、起爆剤として投入されるのがこの「GV80」だ。2017年のニューヨークモーターショーではコンセプトモデルとして初公開されており、3年をかけ市販化となった。今後はレクサスにとどまらず、BMW『X5』、メルセデスベンツ『GLE』、アウディ『Q7』とも戦っていくことになりそうだ。

初公開された市販型は、同ブランドの象徴ともいえる巨大な五角形グリルの代わりに、コンセプトモデルにインスパイアされたよりスリムなグリルを装備、セダンの『G90』2020年型と共通性が持たされている。また4つのLEDデイタイムランニングライトを備えるヘッドライト、キックアップされたリアクォーターウィンドゥなど、コンセプトモデルから多くのデザインが取り入れられていることがわかる。

キャビン内では、シンプルかつ高級感のあるコックピットデザインを採用。ボタン類を最小限度に抑え、タッチスクリーンで操作、インフォテイメントシステム用の大型スタンドアロンタッチスクリーンにまとめられている。またクラスタ類はアナログのように見えるがデジタル化されている可能性が高いだろう。その他、フロント全体に広がるレジスター、2本スポークのステアリングホイール、ダイヤル式電子ギアセレクターなどを特徴としている。

市販型では、セダンの兄弟と同様に後輪駆動プラットフォームを採用、全輪駆動はオプション設定される見込みだ。パワートレインに関しては発表されていないが、3種のエンジンが予想されている。デビュー時に設定されるのが、最高出力278ps、最大トルク589Nmを発揮する3.0リットルV型6気筒ディーゼルターボエンジンで、0-100km/h加速は6.8秒、8速ATと組み合わされる。数週間後には、最高出力304ps、最大トルク422Nmを発揮する2.5リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンが登場、0-100km/h加速は6.9秒だ。そして頂点には、最高出力380ps、最大トルク530Nmを発揮する3.5リットルV型6気筒ターボチャージャーエンジンで、0-100km/h加速は5.7秒のパフォーマンスを持つ。

グローバルモデルとして発売予定である、GV80市販型のワールドプレミアの場は、4月のニューヨークモーターショーだが、1月中には韓国市場で発売が見込まれている。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top