GT4よりコスパ良し! ポルシェ718ケイマンGTS、強化された6気筒モデルを初設定へ | Spyder7(スパイダーセブン)

GT4よりコスパ良し! ポルシェ718ケイマンGTS、強化された6気筒モデルを初設定へ

謎のポルシェ『718ケイマンGTS』の姿を、豪雪のスカンジナビアでスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
ポルシェ 718 ケイマン GTS 4.0 開発車両(スクープ写真)
  • ポルシェ 718 ケイマン GTS 4.0 開発車両(スクープ写真)
  • ポルシェ 718 ケイマン GTS 4.0 開発車両(スクープ写真)
  • ポルシェ 718 ケイマン GTS 4.0 開発車両(スクープ写真)
  • ポルシェ 718 ケイマン GTS 4.0 開発車両(スクープ写真)
  • ポルシェ 718 ケイマン GTS 4.0 開発車両(スクープ写真)
  • ポルシェ 718 ケイマン GTS 4.0 開発車両(スクープ写真)
  • ポルシェ 718 ケイマン GTS 4.0 開発車両(スクープ写真)
  • ポルシェ 718 ケイマン GTS 4.0 開発車両(スクープ写真)
謎のポルシェ『718ケイマンGTS』の姿を、豪雪のスカンジナビアでスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

白銀で捉えたこの車両は、一見通常の718ケイマンGTSのようだ。しかし、リアエンドを見ると2本のエキゾーストパイプがGTSのセンター寄りではなく、「GT4」のように離れて装着されているほか、ディフューザーも確認できる。このことから、GT4から流用される、4.0リットル水平対向6気筒エンジンを搭載する「GTS 4.0」の開発車両と思われる。エクステリアの一部も再設計される可能性があるという。

現在、718ケイマンGTSの水平対向4気筒モデルが不評で、ポルシェは挽回を狙っているようだ。

水平対向6気筒エンジン搭載のGT4では、最高出力420ps、最大トルク420Nmを発揮、初設定の「GTS 4.0」では、水平対向6気筒エンジン搭載により馬力が35psも向上、最高出力400ps、最大トルク420Nmを発揮する。また6速MTまたは7速PDKと組み合わされ、0-100km/h加速は4.0秒以下が予想されている。

新開発された4.0リットル水平対向6気筒は、現在「718ケイマンGT4」と『718ボクスタースパイダー』に与えられているが、それぞれ9万9200ドル(約1070万円)、9万6300ドル(約1040万円)の車両価格に加え、「Desitination Delivery Charge」(コンテナ取扱料)1250ドル(約13万5000円)がかかり、手頃とはいえない。GT4より20ps低いが、GTS 4.0ではコスト面での改善もみられそうだ。

ワールドプレミアは、最速ならば3月のジュネーブモーターショーの可能性もあるが、2020年後半のモーターショーが有力だろう。またこの水平対向6気筒モデルが発売された後でも、水平対向4気筒モデルの販売が継続される可能性があるという。

ポルシェ 718ケイマンGTS に6気筒モデル登場か…「GT4」エンジン流用

《Spyder7編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top