最高速度314km/hのオープンカー、アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター、ニュルで初の高速テスト! | Spyder7(スパイダーセブン)

最高速度314km/hのオープンカー、アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター、ニュルで初の高速テスト!

アストンマーティンがすでに設定を発表している新型オープンモデル、『ヴァンテージ ロードスター』開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始した。

自動車 新車スクープ
アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター 開発車両 スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター 開発車両 スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター 開発車両 スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター 開発車両 スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター 開発車両 スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター 開発車両 スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター 開発車両 スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター 開発車両 スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター 開発車両 スクープ写真
アストンマーティンがすでに設定を発表している新型オープンモデル、『ヴァンテージ ロードスター』開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始した。

初代ヴァンテージは1977年に『V8ヴァンテージ』としてデビュー、2代目は主力モデル『ヴィラージュ』のハイパフォーマンスモデルとして1993年に発売、続く3代目は「ベイビーアストン」の愛称で2005年に登場している。2009年には最高出力420psを発揮する4.7リットルの新エンジンが追加されている。

そして2018年、満を持して発表された5代目は4.7リットルV型8気筒に代わり、メルセデスAMG製4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力510ps、最大トルク685Nmを発揮する。トランスミッションは、トランスミッションはZF製8速ATで、0~96km/h加速3.5秒、最高速314km/hのパフォーマンスを持ち、ロードスターもそれに近い数値が期待されている。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top