キャデラック CT5-V高性能版、6.2リットルV8復活で650馬力超えか! | Spyder7(スパイダーセブン)

キャデラック CT5-V高性能版、6.2リットルV8復活で650馬力超えか!

キャデラックは昨年6月、『CT4-V』と『CT5-V』にさらなるハイパフォーマンスモデルを設定すること示唆、プロトタイプを公開しているが、その詳細がみえてきた。

自動車 新車スクープ
キャデラック CT4-V CT5-V 高性能版プロトタイプ
  • キャデラック CT4-V CT5-V 高性能版プロトタイプ
  • キャデラック CT4-V CT5-V 高性能版プロトタイプ
  • キャデラック CT4-V CT5-V 高性能版プロトタイプ
  • キャデラック CT4-V CT5-V 高性能版プロトタイプ
  • キャデラック CT4-V CT5-V 高性能版プロトタイプ
  • キャデラック CT4-V CT5-V 高性能版プロトタイプ
  • キャデラック CT4-V CT5-V 高性能版プロトタイプ
キャデラックは昨年6月、『CT4-V』と『CT5-V』にさらなるハイパフォーマンスモデルを設定すること示唆、プロトタイプを公開しているが、その詳細がみえてきた。

CT4-VとCT5-Vは、同社レーシング技術によるテクノロジーを追求した「Vシリーズ」であり、それぞれ『CT4』と『CT5』の高性能版にあたる。

両車のパワートレインは、CT4-Vが直噴2.7リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載し、最高出力320hpを発揮、一方CT5-Vでは直噴3.0リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載し、最高出力355hpを発揮する。

CT4-Vの先代にあたる『ATS-V』では、直噴3.6リットルV型6気筒顔ガソリンエンジンを搭載し、最高出力470hpを発揮。一方CT5-Vの全身である『CTS-V』では、直噴6.2リットルV型8気筒スーパーチャージャーを搭載し、最高出力649psを発揮する。

米「Muscle Cars & Trucks」のレポートによると、「CT5-V」高性能版には再び6.2リットルV型8気筒スーパーチャージャーが搭載され、最高出力は650hp超えと予想している。またCT4-V高性能版では、3.6リットルV型6気筒ツインターボエンジンが期待できるという。

昨年CT4-VとCT5-V新型が発表された時、ライバルとなるメルセデスAMG『C63S』が発揮する最高出力510hp、BMW『M3 CS』が発揮する最高出力460hpと比較してパワー不足が指摘されたが、いよいよ本気モードが期待できそうだ。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top