これが最終デザインだ...ポルシェ992世代最強「ターボS」新型、3月デビューへフルヌード公開! | Spyder7(スパイダーセブン)

これが最終デザインだ...ポルシェ992世代最強「ターボS」新型、3月デビューへフルヌード公開!

自動車 新車スクープ
ポルシェ 911ターボS 新型プロトタイプ (スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボS 新型プロトタイプ (スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボS 新型プロトタイプ (スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボS 新型プロトタイプ (スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボS 新型プロトタイプ (スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボS 新型プロトタイプ (スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボS 新型プロトタイプ (スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボS 新型プロトタイプ (スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボS 新型プロトタイプ (スクープ写真)
ポルシェ『911』新型(992世代)の高性能モデル『ターボS』の市販型プロトタイプを、スクープサイト『Spyder7』のカメラが捉えた。テールライトの詳細を隠す黒いテープを除いてほぼフルヌードの状態だ。

911新型は先代比20mmのワイドボディ化されたが、ターボ新型では同44mmもワイドに刷新され、圧倒的な迫力を醸し出している。

991世代で導入された「PAA」(ポルシェ・アクティブエアロダイナミクス)を搭載。速度や設定に応じて、エラストマー製の空気圧スポイラーがフロントバンパーの下から出現、またリアスポイラーが上昇しダウンフォースを得るシステムだ。また新型ではターボで初めて「スポーツパフォーマンスパッケージ」を搭載、乗車高がわずかに低くなり、トラック用に調整されたダンパーが付属する。

足回りにはフロント20インチ、リア21インチの大径アルミホイールを装着。『パナメーラ ターボS Eハイブリッド』でも採用されているブレーキシステムを搭載、フロントに10ピストンキャリパーと16.5インチ(419mm)ディスク、リアに8ピストンキャリパーと15.4インチ(391mm)のディスクを備えたカーボンセラミックブレーキを装備する。

キャビン内では、ベースモデルと大きな違いはみられないものの、専用のステアリングホイール、シート、トリムオプションが提供されるだろう。

911ターボのパワートレインは、3.0リットル水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力600ps、最大トルク700Nmを発揮するが、911ターボSでは最高出力650ps、最大トルク800Nmまで強化される。またどちらも8速PDKデュアルクラッチトランスミッションと組み合わされ、全輪駆動となる。

0-100km/h加速は2.5秒、最高速度は340km/hに達し、最新の『911 GT2 RS』とほぼ同等のパフォーマンスを発揮する。

911ターボSのワールドプレミアは、3月のジュネーブモーターショーと予想されている。

ポルシェ 911ターボS 新型、これが最終形だ!3月デビューへ

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top