ヒュンダイのおしゃれ系セダン『エラントラ』次期型、ボディ大型化されPHEV初設定へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

ヒュンダイのおしゃれ系セダン『エラントラ』次期型、ボディ大型化されPHEV初設定へ!

韓国ヒュンダイのスタイリッシュ4ドアセダン、『エラントラ』次期型プロトタイプをカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
ヒュンダイ エラントラ 新型プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ エラントラ 新型プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ エラントラ 新型プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ エラントラ 新型プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ エラントラ 新型プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ エラントラ 新型プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ エラントラ 新型プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ エラントラ 新型プロトタイプ スクープ写真
  • ヒュンダイ エラントラ 新型プロトタイプ スクープ写真
韓国ヒュンダイのスタイリッシュ4ドアセダン、『エラントラ』次期型プロトタイプをカメラが捉えた。

エラントラは、初代が1990年に登場しており、その歴史は意外と古い。1995年には早くも第2世代が登場、本国では『アバンテ』の車名が与えられた。第3世代は2000年に登場、2001年には日本市場にも投入されている。そして第4世代もわずか5年後の2006年に発売、2009年には韓国車初のハイブリッドカーも設定された。その後2010年に第5世代、2015年に第6世代とほぼ5年周期という短いサイクルの世代交代も特徴のモデルだ。

豪雪のフィンランド北部で捉えたプロトタイプは、『ソナタ』新型に似たCピラーが露出、フロントエンドはカモフラージュされているが、ネットの下にはやはりソナタ同様、下からヘッドライトまで上向きに弧を描く「デジタルパルスカスケードグリル」が採用さえれる。

リアエンドでも、統合されたリアスポイラー、ラップアラウンドテールライトなど、ソナタからインスパイアされたデザインが予想される。またソナタは前モデルから1.8インチ(46mm)全長が伸び、1.4インチ(36mm)ホイールベースが延長されていることから、エラントラ次期型も大型化が予想されている。

室内では、モダンなデザインに大幅に改善されたインテリアも期待できそうだ。写真は撮影できなかったが、独立したインフォテイメントシステム、プッシュボタン式ギアセレクターを装備するという。

パワートレインは、1.2リットルと1.6リットルの新開発ガソリンターボエンジンやハイブリッドをラインアップ。また初のPHEVが設定される可能性があるようだ。

ワールドプレミアは、2020年内と予想される。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top