マセラティ、2021年に新型コンパクト・クロスオーバーSUV発売へ! 今年はあのスーパースポーツも | Spyder7(スパイダーセブン)

マセラティ、2021年に新型コンパクト・クロスオーバーSUV発売へ! 今年はあのスーパースポーツも

マセラティは、今後すべてのモデルにおいてハイブリッド、またはバッテリー電動パワートレインを搭載すること、及び新型SUVを2021年にも公開することを発表した。

自動車 新車スクープ
マセラティ アルフィエーリ コンセプト
  • マセラティ アルフィエーリ コンセプト
  • マセラティ レヴァンテ Trofeo
  • マセラティ レヴァンテ Trofeo
  • マセラティ レヴァンテ Trofeo
  • マセラティ レヴァンテ Trofeo
マセラティは、今後すべてのモデルにおいてハイブリッド、またはバッテリー電動パワートレインを搭載すること、及び新型SUVを2021年にも公開することを発表した。

この新型モデルは、イタリアのカッシーノ工場にて、同じFCAグループ傘下であるアルファロメオ『ステルヴィオ』と『ジュリア』とともに、8億ユーロ(約952億円)の投資を受け生産されるという。

最初の生産モデルは電動パワートレインを搭載し、2021年までに組み立てラインをロールオフ、プレミアムDセグメントSUVとして誕生する。ボディサイズは『レヴァンテ』の下に位置し、メルセデスベンツ『GLC』、アウディ『Q5』、BMW『X3』をはじめ強豪ひしめく市場に投入されることになる。

さらに同社では、EVスーパースポーツ『アルフィエーリ』を2020年内に発表することを公式アナウンスした。アルフィエーリは、2014年のジュネモーターショーで初公開したコンセプトモデルで、当初2016年をメドに市販化するとしていたが、満を持しての登場となりそうだ。

また今年後半には、同社初のハイブリッドモデルとなる『ギブリ』新型を初公開予定だ。電動化されるエグゼクティブモデルの詳細は発表されていないが、プラグインハイブリッドパワートレインを搭載し、最初は中国市場で発売、その後グローバル市場へ投入するという。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top