VWティグアン、大幅改良で新型ゴルフ顔になった!テールゲートには新ロゴも | Spyder7(スパイダーセブン)

VWティグアン、大幅改良で新型ゴルフ顔になった!テールゲートには新ロゴも

VWのコンパクト・クロスオーバーSUV、『ティグアン』改良新型プロトタイプをスウェーデン北部の山中でカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
VW ティグアン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ティグアン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ティグアン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ティグアン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ティグアン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ティグアン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ティグアン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ティグアン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ティグアン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
VWのコンパクト・クロスオーバーSUV、『ティグアン』改良新型プロトタイプをスウェーデン北部の山中でカメラが捉えた。

ティグアンは兄貴分『トゥアレグ』の下に位置するSUVで、2006年に発表された『コンセプトA』が起源となっており、2008年に市販化。現行モデルとなる2代目は、2015年9月のフランクフルトモーターショーで初公開後、翌2016年から欧州で発売、日本には2017年初から導入されている。

捉えたプロトタイプには、若干カモフラージュが残っているものの、『ゴルフ』新型と酷似したハーフカップ型LEDデイタイムランニングライトを備えるヘッドライト、テープで隠された下には上部に切れ上がるアウトラインも見てとれる。

エアインテークは大型化され、グリルやテールライトのグラフィックも再設計されるほか、テールゲートには、「TIGUAN」という最新のロゴが刻まれるという。

パワートレインは、よりクリーンな2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボをはじめ、1.4リットル直列4気筒ガソリンターボや、1.5リットルマイルドハイブリッド、さらに1.4リットル直列4気筒ターボ+電気モーターのプラグインハイブリッド『ティグアンGTE』のラインアップも予想されている。

ワールドプレミアの場は、最速で3月のジュネーブモーターショーと思われる。

VW ティグアン が新型 ゴルフ 顔に大胆イメチェン!

《Spyder7編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top