オペル、日本市場へ再参入...2021年に投入予定、注目の3車種とは?[特集写真] | Spyder7(スパイダーセブン)

オペル、日本市場へ再参入...2021年に投入予定、注目の3車種とは?[特集写真]

オペルは2月18日、日本市場に再参入することを発表した。2021年に予定される再参入時には『コルサ』、『コンボライフ』、『グランドランドX』の3車種を導入する。オペルの電動化戦略も同時に推進し、コルサではフルEV、グランドランドXではPHEVも導入される。

自動車 ビジネス
オペル・コルサ
  • オペル・コルサ
  • オペル・コルサe
  • オペル・コルサ
  • オペル・コルサ
  • オペル・コルサe
  • オペル・コルサ
  • オペル・コルサ
  • オペル・コルサ
オペルは2月18日、日本市場に再参入することを発表した。2021年に予定される再参入時には『コルサ』、『コンボライフ』、『グランドランドX』の3車種を導入する。オペルの電動化戦略も同時に推進し、コルサではフルEV、グランドランドXではPHEVも導入される。

◆コルサ

5ドア・ハッチバックのコンパクトカー、コルサは、ドイツでは2019年11月にモデルチェンジされたばかりの新型。ドイツでの価格は付加価値税込み(以下同様)1万3990ユーロ=約170万円から。ドイツ市場での仕様は、エンジンはガソリンが1.2リットル3気筒75PS、1.2リットル3気筒直噴100PS、同130PS、ディーゼルが4気筒1.5リットル102PSのラインナップ。トランスミッションは、ガソリンの1.2リットル75PSが5MT、1.2リットル100PSが6MTまたは8AT、1.2リットル130PSが8AT、ディーゼルが6MTとの組み合わせになる。

オペル・コルサeフル電動仕様=バッテリーEVの「コルサe」も設定されており、価格は2万9900ユーロ=約360万円から。パワーユニットは136PS。

なお、日本市場では「コルサ」の車名は変更される予定だ。トヨタが以前、同名のコンパクトカーを販売しており、同時期に輸入された際にはオペル『ヴィータ』を名乗った。

◆コンボライフ

コンボライフはコンパクトなライフスタイルミニバン。価格は2万1796ユーロ=約264万円から。ドイツ市場での仕様は、エンジンは、ガソリンが1.2リットル3気筒直噴ターボ110PS、同130PS、ディーゼルが1.5リットル4気筒130PS、同102PSのラインナップ。トランスミッションは、ガソリンの110PSが6MT、130PSが8AT、ディーゼルの130PSが8AT、102PSが5MTが用意されている。

オペル・コンボライフ箱型の5ドアボディは全長4.40mの5人乗りが基本で、「XL」は全長4.75mのロングホイールベース7人乗りだ。後席バックレスト高さまでの荷室容量は、5人乗りが597~2万1263リットル、ロングバージョンが850~2万6933リットルとなっている。

◆グランドランドX

グランドランドXもコンパクトなクロスオーバーSUVだ。価格は2万7500ユーロ=約333万円から。ドイツ市場での仕様は、エンジンはガソリンが1.2リットル3気筒直噴ターボ130PS、1.6リットル4気筒直噴ターボ180PS、ディーゼルが2.0リットル4気筒177PS、1.5リットル4気筒130PS。トランスミッションは8AT。ガソリン130PSとディーゼル130PSでは6MTも選べる。

オペル・グランドランドX PHEVグランドランドXにはディーゼル・プラグインハイブリッド(PHEV)が設定されており、パワーユニットは出力300PS(内燃機関は1.6リットル直噴ターボディーゼル200PS)と出力224PS(内燃機関は1.6リットル直噴ターボディーゼル180PS)の2種類が用意されている。トランスミッションは8ATで、300PSユニット搭載車は四輪駆動となる。

【オペル、日本市場へ再参入】2021年に投入予定の3車種[詳細画像]

《高木啓@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top