今秋にもデビューへ...ジャガー E-PACE初の改良新型、フロントマスクを大刷新へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

今秋にもデビューへ...ジャガー E-PACE初の改良新型、フロントマスクを大刷新へ!

自動車 新車スクープ
ジャガー E-Pace  改良新型 スクープ写真
  • ジャガー E-Pace  改良新型 スクープ写真
  • ジャガー E-Pace  改良新型 スクープ写真
  • ジャガー E-Pace  改良新型 スクープ写真
  • ジャガー E-Pace  改良新型 スクープ写真
  • ジャガー E-Pace  改良新型 スクープ写真
  • ジャガー E-Pace  改良新型 スクープ写真
  • ジャガー E-Pace  改良新型 スクープ写真
  • ジャガー E-Pace  改良新型 スクープ写真
ジャガーのクロスオーバーSUV、『F-PACE』の下に位置するコンパクトモデル、『E-PACE』が初のフェイスリフトへ向け、開発テストが進められている。

E-PACEは、2018年に日本市場に導入されたばかりの新車で、これが同モデル初の改良新型となる。捉えた最新のプロトタイプは、これまで同様ボディ全体に重いカモフラージュがほどこされている。修正されるのは、ヘッドライト、グリル、エアインテークを含むバンパーだ。リアエンドでは、テールライトのグラフィック、デュフューザー、バンパーが再設計される。

キャビン内では、既に最新のギアセレクタやエアコントロールなどをそなえており、新デザインのステアリングホイール、12.3インチデジタルインストルメントクラスタ、Touch Pro Duoインフォテイメントシステムやトリムの更新などだろう。

パワートレインは、最高出力200ps、250ps、300psを発揮する3種の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン、2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボがキャリーオーバーされると予想されるが、最高出力290psを発揮するマイルドハイブリッドなど新たしいオプションも期待できそうだ。

ワールドプレミアは、最速で今秋、おそくとも2020年内には行われるだろう。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top