90年ぶりの衝撃...ベントレー、ルーフレス2シーター「マリナー バカラル」発表! | Spyder7(スパイダーセブン)

90年ぶりの衝撃...ベントレー、ルーフレス2シーター「マリナー バカラル」発表!

ベントレーは、新型の2シーター・オープン『マリナー バカラル』を世界初公開した。

自動車 ニューモデル
ベントレー マリナー バカラル
  • ベントレー マリナー バカラル
  • ベントレー マリナー バカラル
  • ベントレー マリナー バカラル
  • ベントレー マリナー バカラル
  • ベントレー マリナー バカラル
  • ベントレー マリナー バカラル
  • ベントレー マリナー バカラル
  • ベントレー マリナー バカラル
ベントレーは、新型の2シーター・オープン『マリナー バカラル』を世界初公開した。

この新型モデルは、同社のマリナーコーチビルディング部門により手がけられ、メキシコのユカタン半島にある「ラグナパカラー」にちなんで命名されている。ベントレーでは1930年以来、90年ぶりの2シーターで、2019年に公開された『EXP 100 GTコンセプト』からインスパイアされた大胆なルックスを特徴としている。

コンセプトよりコンパクトになったグリルの両サイドには、丸みを帯びたヘッドライトと薄いLEDデイタイムランニングライトを装備、より大型のコーナーエアインテークなども確認できる。またリアエンドではワイドで薄型のテールライト、スクエア基調のツインエキゾーストシステムが見てとれる。また足回りには、『コンチネンタルGT』より0.8インチ(20mm)広いトラックに22インチホイールが装着されている。

キャビン内のラップアラウンドダッシュボードは、5,000年前のリバーウッドから切り取られ、デジタルインストルメントクラスタ、コンチネンタルGT同様の回転式ディスプレイなどエレガントなコックピットに仕上げられている。

パワートレインは、6.0リットルW型12気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力659ps、最大トルク900Nを発揮。応答性の高い乗り心地と、あらゆる状況での優れたハンドリングを提供する48Vダイナミックスライドシステムを搭載する。

生産はわずか限定12台で、全て完売しているという。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top