アウディ初のEVスポーツクーペ...590馬力の『E-Tron GT』市販型、ついに出現! | Spyder7(スパイダーセブン)

アウディ初のEVスポーツクーペ...590馬力の『E-Tron GT』市販型、ついに出現!

アウディ初となる、4ドアEVスポーツクーペ『e-tron GT』市販型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

自動車 新車スクープ
アウディ e-tron GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ e-tron GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ e-tron GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ e-tron GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ e-tron GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ e-tron GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ e-tron GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ e-tron GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ e-tron GT 市販型プロトタイプ スクープ写真
アウディ初となる、4ドアEVスポーツクーペ『e-tron GT』市販型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

e-tron GTは、2018年のロサンゼルスモーターショーでコンセプトモデルを公開、その後2019年には2020年から市販化されることが正式に発表されていた。

プロトタイプはカモフラージュされていたが、コンセプトモデルでみせたアグレッシブなクーペフォルムを継承しているようだ。市販化にともない、新たにドアハンドルが追加されていることも確認できる。

アーキテクチャには、ポルシェ『タイカン』と同じ「J1」パフォーマンスプラットフォームを採用、同じバッテリー容量を共有する可能性がありそうだ。

フロントエンドではエアインテーク、バンパー、グリルが再設計されている。LEDデイタイムランニングライトもデザインが変更されているが、リアエンドではテールライトなどコンセプトに近いデザインが見てとれる。


キャビン内では、最新のデジタルコックピットを採用、ダッシュボードの中央にはワイドタッチスクリーンを配置するなどコンセプトに近いレイアウトが予想される。

EVパワートレインは、前後にモーターを搭載し、最高出力は590hpを発揮、電子制御の4WDシステムと組み合わされる。0-100km/h加速は3.5秒、12秒で200km/hに到達し、最高速度は240km/h(電子制御)のパフォーマンスを発揮する。

90kWリチウムイオンバッテリーを搭載した場合、WLTPサイクルで248.5マイルm(400km)の航続となり、800ボルトの急速充電では約20分で80%レベルまで充電が完了する。

e-tron GTのワールドプレミアは、11月のロサンゼルスモーターショーが有力だが、数週間後にオンラインデビューする可能性もあるという。デリバリーは2021年初頭からとなりそうだ。

アウディ初の4ドアクーペEV『e-tron GT』これが市販モデルだ!

《Spyder7編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top