コックピットが予想外の大刷新!ヒュンダイi30改良新型最新プロトタイプを目撃 | Spyder7(スパイダーセブン)

コックピットが予想外の大刷新!ヒュンダイi30改良新型最新プロトタイプを目撃

韓国を代表する欧州Cセグメントハッチバック、ヒュンダイ『i30』改良新新型の最新プロトタイプをキャッチ、そのコックピットを初めて撮影に成功した。

自動車 新車スクープ
ヒュンダイ I30 改良新型 スクープ写真
  • ヒュンダイ I30 改良新型 スクープ写真
  • ヒュンダイ I30 改良新型 スクープ写真
  • ヒュンダイ I30 改良新型 スクープ写真
  • ヒュンダイ I30 改良新型 スクープ写真
  • ヒュンダイ I30 改良新型 スクープ写真
  • ヒュンダイ I30 改良新型 スクープ写真
  • ヒュンダイ I30 改良新型 スクープ写真
  • ヒュンダイ I30 改良新型 スクープ写真
韓国を代表する欧州Cセグメントハッチバック、ヒュンダイ『i30』改良新新型の最新プロトタイプをキャッチ、そのコックピットを初めて撮影に成功した。

i30は、2019年にAndroid AutoとApple CarPlayの相互性を備えた8インチ・ディスプレイオーディオシステムが昨年アップデートしたばかりのため、大幅な改良は予想されていなかった。しかし写された画像からは、再設計されたボタン類やスポークを備えるステアリングホイール、新しいフルデジタルクラスタ、より大型のタッチスクリーンディスプレイを備えた新しいインフォテイメントシステム、トリムオプションなど、刷新されていることがわかる。

パワートレインは、1.4リットル及び1.6リットル直列4気筒GDIターボ、1.6リットル直列4気筒VGTディーゼルエンジンがキャリーオーバーされる可能性が高いが、燃費や馬力の向上も見込まれる。また、キア『XCeed』及び『Ceed Sportwagon』から流用されるプラグインハイブリッドシステムの設定が予想され、実現すれば1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジン+電気モーターに8.9kWhのバッテリーパックを搭載、最高出力は139hp、最大トルク265Nmを発揮する。またEV走行は37マイル(60km)とハイレベルなパフォーマンスも魅力となるだろう。

ワールドプレミアは、2020年秋以降が有力だ。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top