ベントレーSUV「ベンテイガ」、コンバーチブル計画が存在か!? | Spyder7(スパイダーセブン)

ベントレーSUV「ベンテイガ」、コンバーチブル計画が存在か!?

自動車 新車スクープ
ベントレー ベンテイガ SPEED
  • ベントレー ベンテイガ SPEED
  • ベントレー ベンテイガ SPEED
  • ベントレー ベンテイガ SPEED
  • ベントレー ベンテイガ SPEED
ベントレーは、先日ルーフレス2シーターの『マリナー バカラル』を発表したが、なんとクロスオーバーSUV『ベンテイガ』にも、コンバーチブルの計画を持っている可能性があることがわかった。

これはマリナー バカラルを率いたボス、ティム氏が、「Top Gear」誌のインタビューにて、ベンテイガ コンバーチブルの可能性について問われた時、同氏はノーと言わなかったということから期待が膨らんだようだ。ただし、イエスとも言っておらず、どう取るかは読者次第ということになりそうだ。

マリナー バカラルは、同社のマリナーコーチビルディング部門により手がけられ、ベントレーでは1930年以来、90年ぶりのオープン2シーターの誕生となった。

これまでSUVコンバーチブルといえば、日産『ムラーノ クロスカブリオレ』が4年、ランドローバー『レンジローバー イヴォーク カブリオレ』は2年など、ロングセラーは生まれず、短命のモデルが多い。また99台しか生産されなかったメルセデス・マイバッハ『G650 Landaulet』も記憶に新しい。

オープンSUVはたしかにニッチモデルではあるが、マリナー バカラルが限定12台をあっという間に完売させてことを考えれば、それ以上の販売も十分可能といえるだろう。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top