どうする日産ジューク...ヒュンダイ「コナ」、改良新型に250馬力の最強「N」設定か!? | Spyder7(スパイダーセブン)

どうする日産ジューク...ヒュンダイ「コナ」、改良新型に250馬力の最強「N」設定か!?

自動車 新車スクープ
ヒュンダイ コナ 改良新型 スクープ写真
  • ヒュンダイ コナ 改良新型 スクープ写真
  • ヒュンダイ コナ 改良新型 スクープ写真
  • ヒュンダイ コナ 改良新型 スクープ写真
  • ヒュンダイ コナ 改良新型 スクープ写真
  • ヒュンダイ コナ 改良新型 スクープ写真
  • ヒュンダイ コナ 改良新型 スクープ写真
  • ヒュンダイ コナ 改良新型 スクープ写真
  • ヒュンダイ コナ 改良新型 スクープ写真
ヒュンダイのコンパクト・クロスオーバーSUV、『コナ』改良新型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

コナは2017年、日産『ジューク』のライバルとして誕生。グローバルBセグメントSUVとして北米や欧州市場に投入されている。2018年3月のジュネモーターショーでは、EV版となる『コナ・エレクトリック』を初公開し、ラインアップを拡大している。

カモフラージュされたプロトタイプからは、ヘッドライトのレイアウトは変更されていないことがわかるが、新しいメッシュグリルパターン、新グラフィックのLEDデイタイムランニングライトの一部が確認できる。リアエンドにも大掛かりなカモフラージュがみられるが、テールライトのわずかな修正のみが予想されている。またコックピットでは、インフォテイメントシステムとトリムのアップデートがなされるはずだ。

パワートレインは、昨年欧州で発売された最高出力141psを発揮する1.6リットル直列4気筒+電気モーターのハイブリッドほか、同エンジンのガソリン、ディーゼルがキャリーオーバーされる。しかし最大の注目はハードコアモデル「コナN」の設定だ。実現すれば2.0リットル直列4気筒エンジンに6速MTが組み合わされ、最高出力250psを発揮、大型ブレーキやアップグレードされたシャーシ、アグレッシブなバンパーやサイドスカートなど専用のボディキットやホイール、ボディカラーなどが予想され、日産ジュークにとっては驚異となるだろう。

改良新型のワールドプレミアは、今秋以降と予想される。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top