トヨタ次世代エンジン「I-Force Max」を商標登録!ランクル次期型にも採用か | Spyder7(スパイダーセブン)

トヨタ次世代エンジン「I-Force Max」を商標登録!ランクル次期型にも採用か

自動車 新車スクープ
I-Forceエンジン
  • I-Forceエンジン
  • トヨタ タンドラ
  • トヨタ タンドラ
  • トヨタ タンドラ
  • トヨタ タンドラ
  • トヨタ タンドラ
  • トヨタ タンドラ
  • トヨタ タンドラ
トヨタは、フルサイズ・ピックアップ『タンドラ』に搭載する、4.7リットルV型8気筒エンジン「I-Force」の後継となる、新開発「I-Force Max」名称を商標登録したことがわかった。

I-Forceエンジンは、タンドラのほかSUVの『セコイア』にも搭載され、100万マイル(160万km)走破した記録も達成、信頼性の高いエンジンとされている。また2007年には最高出力381ps、最大トルク544Nmを発揮する 5.7リットルV型8気筒へアップデートされている。

しかし、10年以上経過し老巧化が進んでおり、第三世代エンジンの開発が急務とされていた。今回トヨタは「自働車とその構造部品」として「I-Force Max」の商標を申請、I-Force後継であることが濃厚といえそうだ。

この新開発エンジンの詳細は不明だが、レクサスから流用される3.5リットルV型6気筒ツインターボエンジン+電気モーターのハイブリッドと予想されている。I-Forc Maxのデビューは、すでに2021年モデルとして開発車両が目撃されている「タンドラ」次期型が最有力だが、同エンジンは『ランドクルーザー』次期型にも搭載が予想されており、注目していきたい。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top