2021年デビュー!ホンダ シャトル次期型、大型化されるクーペボディを大予想 | Spyder7(スパイダーセブン)

2021年デビュー!ホンダ シャトル次期型、大型化されるクーペボディを大予想

ホンダの5ナンバーステーションワゴン、『シャトル』次期型に関する情報をスクープサイト「Spyder7」が入手した。販売好調な新型『フィット』をベースに、第2世代へとバトンタッチする。

自動車 新車スクープ
ホンダ シャトル 次期型 予想CG
  • ホンダ シャトル 次期型 予想CG
  • ホンダ シャトル 現行型
  • ホンダ シャトル 現行型
  • ホンダ シャトル 現行型
  • ホンダ シャトル 現行型
  • ホンダ フィット 新型に搭載されているハイブリッド「e:HEV」
  • ホンダ 新型 フィット ホーム
  • ホンダ 新型 フィット ホーム
ホンダの5ナンバーステーションワゴン、『シャトル』次期型に関する情報をスクープサイト「Spyder7」が入手した。販売好調な新型『フィット』をベースに、第2世代へとバトンタッチする。

シャトルは、2015年に『フィット シャトル』の後継モデルとして登場。5ナンバーサイズのステーションワゴンという希少性から、根強い人気を誇るモデルだ。

ハイブリッドにはベースとなった3代目『フィット』同様、1モーターのハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」を採用する。2019年には初の大幅改良をおこない、LEDフォグを含むフロントバンパーやリアバンパーを一新、クロムメッキパーツを追加し上級感を高めた。

シャトル次期型のベースとなるのは、この2月に発売されるや人気を博している新型フィットだ。新型フィットはSUV風の「クロスター」をのぞいて5ナンバーをキープしていることから、シャトル次期型も5ナンバーサイズとなるのは間違いないだろう。

次期型では、Aピラー&Cピラーを前後に伸ばし、よりワンモーションシルエットを強調。サイドラインはエッジの効いた彫りの深い一本のラインによりシャープさと、リアのヒップアップが強調される。またフロントマスクはグリルをアンダーまで伸ばし大型化することで、押し出し感をアップ。

ヘッドライトを取り巻く大型ブルーLEDと、それに合わせた切り立ったワイルドなデザインのデフューザーが予想される。優しげなフィットと比べると、かなりアグレッシブな予想デザインとなったが果たして。

パワートレインの目玉は、フィットの主力にもなっている1.5リットル直列4気筒+2モーターのハイブリッド「e:HEV」だ。現行モデル比で燃費は10%程度向上すると予想される。

安全装備では、アップデートされる「ホンダセンシング」を搭載、ボディ前後に搭載されるセンサーにより「衝突軽減ブレーキ」をはじめ、精度が高められた「誤発進制御機能」「後方誤発進制御機能」「路外逸脱制御機能」などを提供してくれるだろう。

シャトル次期型の発売は、2021年夏以降と予想される。

フィットに続き進化!5ナンバーワゴン、ホンダ『シャトル』次期型は2021年デビューか

《Spyder7編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top