今夏発売のVWの新世代EV『ID.3』、同クラスの内燃エンジン搭載車よりも安価と判明! | Spyder7(スパイダーセブン)

今夏発売のVWの新世代EV『ID.3』、同クラスの内燃エンジン搭載車よりも安価と判明!

フォルクスワーゲンは、今夏欧州で発売予定の新世代EVの『ID.3』(Volkswagen ID.3)が、同クラスの内燃エンジン搭載車よりも安価になると発表した。

自動車 ニューモデル
フォルクスワーゲン ID.3
  • フォルクスワーゲン ID.3
  • フォルクスワーゲン ID.3
  • フォルクスワーゲン ID.3
  • フォルクスワーゲン ID.3
  • フォルクスワーゲン ID.3
  • フォルクスワーゲン ID.3
  • フォルクスワーゲン ID.3
  • フォルクスワーゲン ID.3
フォルクスワーゲンは、今夏欧州で発売予定の新世代EVの『ID.3』(Volkswagen ID.3)が、同クラスの内燃エンジン搭載車よりも安価になると発表した。

ID.3には、電動車専用に新開発された「MEB」(モジュラー エレクトリック ドライブ マトリックス)車台を使用する。最大出力204psを発生するモーターがギアボックスとともにリアアクスルに組み込まれ、後輪を駆動する。

また、ID.3では、バッテリーが他のコンポーネントとともに、車両のフロア下に効率よく搭載される。蓄電容量は、45kWh、58kWh、77kWhの3種類のバッテリーが選択できる。新しい燃費基準のWLTPモードにおいて、330~550kmの航続を実現する。

フォルクスワーゲンは、このID.3が、同クラスの内燃エンジン搭載車よりも安価になると発表した。ドイツ本国では、航続330kmのベースモデルの価格が、環境ボーナスの適用後、2万3430ユーロ(約277万円)以下となる。フォルクスワーゲンによると、この価格は『ゴルフ』の同等グレードよりも安価という。

さらに、ドイツのID.3の顧客は、維持費を年間およそ840ユーロ(約10万円)節約できる。道路車両税は免除され、オイル交換は不要で、保険料率はクラス17が適用される、としている。

VWの新世代EV『ID.3』、同クラスの内燃エンジン搭載車よりも安価に…今夏欧州発売へ

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top