静止してても高速走行して見える!? 650馬力のライトウェイトEVスポーツ、「AP-0」初公開! | Spyder7(スパイダーセブン)

静止してても高速走行して見える!? 650馬力のライトウェイトEVスポーツ、「AP-0」初公開!

自動車 ニューモデル
APEX AP-0 コンセプト
  • APEX AP-0 コンセプト
  • APEX AP-0 コンセプト
  • APEX AP-0 コンセプト
  • APEX AP-0 コンセプト
  • APEX AP-0 コンセプト
  • APEX AP-0 コンセプト
  • APEX AP-0 コンセプト
  • APEX AP-0 コンセプト
スタートアップメーカーの「Apex」は、中止された3月のジュネモーターショーで発表予定だった新型モデル、『AP-0』コンセプトを初公開した。

同社によるとAP-0は、「レースにインスパイアされ、公道走行可能な合法EVスポーツ」とアナウンスされている。エクステリアは非常に個性的であり、「静止していても高速走行しているように見えるデザイン」という。内燃機関モデルのようなグリルは持たず、代わりにボンネットの外にエアーを送るコンパクトなスロットを備えている。

フロントエンドでは、スプリッターと3ピースLEDヘッドライトを装備。ほかには、デジタルサイドミラー、フォーミュラ1からインスパイアされた空力的なリアフィンを持つ、ティアドロップ型のガラスルーフ、バタフライドアなどを特徴としている。また足回りには19インチ、または20インチの大径カーボンファイバーホイールも装着される。リアエンドでは、巨大ディフューザーや斬新な巨大クロス・テールライトが目を引く。

キャビン内は公開されていないが、2シーターと滑らかな素材のダッシュボード、アルミニウムとカーボンファイバー製のコンパクトなステアリングホイールなどが装備されるシンプルなキャビンとなりそうだ。

EVパワートレインは、90kWhリチウムイオンバッテリーパックを搭載し、システム合計の最高出力は650hpを発揮。後輪駆動により0-100km/h加速2.3秒、最高速度は306km/hのハイパフォーマンスを魅せる。

WLTPサイクルによる航続は最大320マイル(515km)で、CCS急速充電器を使用すれば15分以内に80%の充電を行うことができ、タイプ2コネクタを使用した場合、約8時間でフル充電が完了するという。

またカーボンファイバー・ボディパネルやホイールにより車重は2,645ポンド(1,200kg)を実現、多くのEVモデルと比較してかなり軽量となっている。

発売は2022年が予定されており、価格は155,476ユーロ(約1,981万円)からと発表されている。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top