ランボルギーニ、ついにマスク&ガラスシールドを製造開始...コロナから守るため立ち上がる! | Spyder7(スパイダーセブン)

ランボルギーニ、ついにマスク&ガラスシールドを製造開始...コロナから守るため立ち上がる!

コロナウィルスのパンデミックに襲われているイタリアだが、ついにスーパーカーメーカーのランボルギーニが立ち上がった。

話題 企業
フェイスマスク製造
  • フェイスマスク製造
  • ランボルギーニ本社
  • フェイスマスク製造
  • 医療用ガラスシールド
  • フェイスマスク
  • 医療用ガラスシールド
  • 医療用ガラスシールド
  • ランボルギーニ本社
コロナウィルスのパンデミックに襲われているイタリアだが、ついにスーパーカーメーカーのランボルギーニが立ち上がった。

同社では現在、「Lamborghini」のタグ付きフェイスマスクと、保護用プレキシガラスシールドを、イタリアのサンタアガタ・ボロネーゼ本社工場で製造している。

但し、利益目的ではなく、医療崩壊状態であるボローニャのサントルソラマルピギー病院に寄付するという。ランボルギーニCEOのステファノ・ドメニカリ氏は、「この緊急事態において、我々は具体的な貢献をする必要性を感じています」と述べ、「同病院は、労働者の健康を保護するプログラムの推進と研究プロジェクトの両方で専門的なコンサルタントを通じ、長年にわたり強力関係を築いてきた機関です。このパンデミックとの戦いの最前線にいる人々をサポートすることで、この戦いに勝利します」と宣言した。

ランボルギーニの製造ラインでは、1日に1,000個のフェイスマスクと、200個の医療用シールドを製造する能力を持ち、マスクは同社のインテリアと特別なカスタマイズ製造を担当するスタッフにより作られ、シールドは、カーボンファイバー製造工場とR&Dセンターの3Dプリンターを使用して作られるという。

このCOVID-19(コロナウィルス)の危機の中、連帯を示すためにサンタアガタ・ボロネーゼの本社ビルでは、毎晩イタリア国旗の色でライトアップしている。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top