シトロエンC4カクタス後継...新型クーペ・クロスオーバー、コックピットも見えた! | Spyder7(スパイダーセブン)

シトロエンC4カクタス後継...新型クーペ・クロスオーバー、コックピットも見えた!

シトロエンは現在、コンパクト・クロスオーバーSUV『C4カクタス』後継モデルを開発している。今回、再びそのプロトタイプ車両をキャッチ。コックピットも初めて撮影に成功した。

自動車 新車スクープ
シトロエン C4 カクタス 後継モデル 開発車両(スクープ写真)
  • シトロエン C4 カクタス 後継モデル 開発車両(スクープ写真)
  • シトロエン C4 カクタス 後継モデル 開発車両(スクープ写真)
  • シトロエン C4 カクタス 後継モデル 開発車両(スクープ写真)
  • シトロエン C4 カクタス 後継モデル 開発車両(スクープ写真)
  • シトロエン C4 カクタス 後継モデル 開発車両(スクープ写真)
  • シトロエン C4 カクタス 後継モデル 開発車両(スクープ写真)
  • シトロエン C4 カクタス 後継モデル 開発車両(スクープ写真)
  • シトロエン C4 カクタス 後継モデル 開発車両(スクープ写真)
シトロエンは現在、コンパクト・クロスオーバーSUV『C4カクタス』後継モデルを開発している。今回、再びそのプロトタイプ車両をキャッチ。コックピットも初めて撮影に成功した。

後継モデルでは、「カクタス」の名前は受け継がないとみられているがC4ファミリーとして残ることは濃厚だ。プロトタイプは厳重なカモフラージュだが、傾斜したルーフラインを持つクーペ・クロスオーバーボディを採用しており、他のC4モデルとは一線を画していることがわかる。エアロホイールや大きなホイールアーチも確認できる。

アーキテクチャにはPSAの最新「CMP」(Common Modular Platform)プラットフォームの拡張バージョンを採用、プジョー『2008』と共有する。これはガソリン、ディーゼル、およびすべての電動パワートレインに対応しており、多用なラインアップが期待できそうだ。またCMP採用により居住空間が向上、C4カクタスと比較して長いホイールベースを持つことになる。

初めて捉えたコックピットには、デジタルクラスタやワイドなインフォテイメントディスプレイらしきものが搭載されている。多くはプジョー2008と共有するが、デザインは差別化が図られる。

EVモデルも有力で、パワートレインは『e-2008』からの流用が予想されている。おそらく、最大出力136hpの電気モーターと50kWhのバッテリーパックを搭載することになり、WLTPテストサイクルによる1回の航続距離は193マイル(310km)となる。また100kW充電ステーションを使用すれば、30分で最大80%を充電可能だ。

C4カクタス後継モデルのワールドプレミアは、9月のパリモーターショーと予想されている。

シトロエン C4カクタス 後継はクーペSUVに…コックピットも見えた!

《Spyder7編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top