BMW初のFFモデルが大進化...ミニバン「アクティプツアラー」、次期型はここが変わる! | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW初のFFモデルが大進化...ミニバン「アクティプツアラー」、次期型はここが変わる!

BMW『2シリーズ アクティプツアラー』次期型プロトタイプを、厳冬の北ヨーロッパでカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
BMW 2シリーズ アクティプツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ アクティプツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ アクティプツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ アクティプツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ アクティプツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ アクティプツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ アクティプツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ アクティプツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ アクティプツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
BMW『2シリーズ アクティプツアラー』次期型プロトタイプを、厳冬の北ヨーロッパでカメラが捉えた。

2シリーズ アクティプツアラーは、2シリーズの派生モデルとして2014年にデビュー。BMWブランド初のFFとして誕生。3列シートを備える「グランツアラー」も設定し、MPV需要の受け皿となってきた。直接のライバルであるメルセデスベンツは第3世代の『Bクラス』を2018年に発売しており、刷新が急がれる。

次期型では、『1シリーズ』新型でデビューした「FAAR」FWDプラットフォームを採用。剛性が高められるほか、プラットフォームの延長も濃厚で居住空間のアップが期待できる。

エクステリアは、『4シリーズ』ほどではないがキドニーグリルを拡大し、フロントノーズも刷新されている。その他、サイドミラーはAピラーからドア側へ移動されている。またドアハンドルは、グリップタイプに偽装しているが、その下に新デザインのフラップタイプが確認できるなど、いくつかの顕著な変更がみられる。


キャビン内には厳重なカモフラージュが施されており、新ステアリングホイール、シート、刷新されたウィンドウスイッチのみ露出している。しかし、デュアルディスプレイ、ワイドスクリーンインフォテイメントシステム、デジタルインストルメントクラスタを装備するなど、コンセプトカー『iNEXT』の技術が投入されることが予想されている。

パワートレインは、最高出力116psを発揮する1.5リットル直列3気筒ディーゼルエンジンを始め、最高出力140psを発揮する1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジン、最高出力150ps及び190psを発揮する2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジンなどが予想される。駆動方式は、標準で前輪駆動が設定されるが、四輪駆動も濃厚だ。

新型コロナウィルスの影響により、ワールドプレミアの場は不透明だが、2020年内にもデビューが期待されている。

BMW初のFFモデルが大進化…「アクティプツアラー」次期型はここが変わる!

《Spyder7編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top