クーペに続いて巨大グリルを初公開!BMW 4シリーズ カブリオレ新型の最新プロトを撮影 | Spyder7(スパイダーセブン)

クーペに続いて巨大グリルを初公開!BMW 4シリーズ カブリオレ新型の最新プロトを撮影

自動車 新車スクープ
クーペに続いて巨大グリルを初公開!BMW 4シリーズ カブリオレ新型の最新プロトを撮影
  • クーペに続いて巨大グリルを初公開!BMW 4シリーズ カブリオレ新型の最新プロトを撮影
  • クーペに続いて巨大グリルを初公開!BMW 4シリーズ カブリオレ新型の最新プロトを撮影
  • クーペに続いて巨大グリルを初公開!BMW 4シリーズ カブリオレ新型の最新プロトを撮影
  • クーペに続いて巨大グリルを初公開!BMW 4シリーズ カブリオレ新型の最新プロトを撮影
  • クーペに続いて巨大グリルを初公開!BMW 4シリーズ カブリオレ新型の最新プロトを撮影
  • クーペに続いて巨大グリルを初公開!BMW 4シリーズ カブリオレ新型の最新プロトを撮影
  • クーペに続いて巨大グリルを初公開!BMW 4シリーズ カブリオレ新型の最新プロトを撮影
  • クーペに続いて巨大グリルを初公開!BMW 4シリーズ カブリオレ新型の最新プロトを撮影
BMWは現在4シリーズ次期型を開発しているが、派生モデルとなる『4シリーズ カブリオレ』プロトタイプが、ついに巨大キドニーグリルを露出させた。

3月には、4シリーズ クーペ次期型プロトタイプが巨大グリルを見せていたが、カブリオレもそれに続いた形だ。『コンセプト4』ではバンパー下部まで伸びたグリルが衝撃を与え、賛否両論となっていたが、ついに市販型に反映されることが確実となっている。

捉えたプロトタイプは、フロントバンパーのデザインが明らかにされており、フィンを備えるコーナーエアインテークも見てとれる状態だ。さらにブルーブレーキキャリパーやデュアルエキゾーストパイプを装着しており、高性能『M440iカブリオレ』と思われる。

またグリルが閉鎖されているため、『3シリーズ』同様に開閉式「アクティブ・エアストリーム」が採用されているようだ。これは、エンジンを冷却するために、空気を取り入れる必要がない場合、電動で閉鎖するなど空気抵抗を制御・低減させる機能だ。

コックピットは3シリーズとほぼ同じデザインが予想されており、3スポーク・ステアリングホイール、台形のインフォテインメントシステム、デジタルゲージ、標準列のHVACコントロール、センターコンソールにはロータリーダイヤルを備える。

予想されるパワートレインは、エントリーモデルに1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジン、上位モデルには最高出力258psを発揮する新開発の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンほか、2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジンだ。また高性能モデル「M440i xDriveカブリオレ」には最高出力382ps、最大トルク500Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボエンジンを搭載する。

4シリーズ クーペ/カブリオレのワールドプレミアは9月のパリモーターショーの予定だったが、コロナウィルスの影響により中止されるため、年内にオンラインプレミアで初公開となりそうだ。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top