137秒で6,000台受注した伝説のSUV「01」、初の改良新型はタッチコントロール付きハンドル装備 | Spyder7(スパイダーセブン)

137秒で6,000台受注した伝説のSUV「01」、初の改良新型はタッチコントロール付きハンドル装備

ボルボを傘下にもつ、中国の吉利ホールディンググループ(以下、ジーリー)のブランド、「Lynk & Co」初のクロスオーバーSUV『01』改良新型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

自動車 新車スクープ
Lynk & Co 01 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • Lynk & Co 01 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • Lynk & Co 01 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • Lynk & Co 01 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • Lynk & Co 01 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • Lynk & Co 01 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • Lynk & Co 01 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • Lynk & Co 01 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • Lynk & Co 01 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
ボルボを傘下にもつ、中国の吉利ホールディンググループ(以下、ジーリー)のブランド、「Lynk & Co」初のクロスオーバーSUV『01』改良新型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

2017年に初代が発売された01は、ボルボ『XC 40』とプラットフォーム「CMA」(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャ)を共有、わずか137秒で6,000台の受注を受けた世界記録を持つモデルだ。

捉えたプロトタイプは、フロントエンド、及びコックピットにカモフラージュがほどこされている。カメラマンによると、改良新型ではクーペSUV『05』新型と同じフロンマスクを持つ可能性があるという。

サイトシルやリアバンパーもペイントで偽装しており、小さいデザイン変更が行われそうだ。またキャビン内はステアリングホイールに新デザインを採用、現行型ではラジオコントロール用のボタンが付いていたが、改良新型ではタッチコントロールを備えている。

また新しいギアシフターも確認、電子ハンドブレーキが新しい位置に移動、ミドルコンソールの周りはスッキリとされているようで現行モデルのクロムトリムが削除されていいる可能性がある。

コロナウィルスのパンデミックにより、自動車業界も揺れており、01改良新型のワールドプレミアも不透明だ。しかし、最速で2020年内、遅くとも2021年前半には発表されると思われる。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top