アクティブ・エアストリームが開く!BMW 4シリーズ・カブリオレ新型、ニュルで初の高速テスト開始 | Spyder7(スパイダーセブン)

アクティブ・エアストリームが開く!BMW 4シリーズ・カブリオレ新型、ニュルで初の高速テスト開始

自動車 新車スクープ
BMW 4シリーズ カブリオレ 新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ カブリオレ 新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ カブリオレ 新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ カブリオレ 新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ カブリオレ 新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ カブリオレ 新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ カブリオレ 新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ カブリオレ 新型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ カブリオレ 新型プロトタイプ スクープ写真
巨大グリルが話題のBMW 4シリーズ・カブリオレ新型プロトタイプがニュルブルクリンクで初の高速テストを開始した。

先日捉えたプロトタイプ同様に、キドニーグリルがバンパー下部まで伸び、カメラマンによると、高速テストではより迫力を感じたという。今回のプロトタイプでも、フィンを備えるコーナーエアインテークなどアグレッシブなフロントエンドが見てとれるが、ブレーキキャリパーが赤である点からもベースモデルと思われる。

注目はグリル内部だ。新型4シリーズでは、エンジンを冷却するために、空気を取り入れる必要がない場合、電動で閉鎖するなど空気抵抗を制御・低減させる機能、「アクティブ・エアストリーム」が採用されるが、ニュル高速テストにともない、初めてグリルが開いているのが確認できる。

予想されるパワートレインは、エントリーモデルに1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジン、上位モデルには最高出力258psを発揮する新開発の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンほか、2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジンだ。また高性能モデル「M440i xDriveカブリオレ」には最高出力382ps、最大トルク500Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボエンジンを搭載する。

4シリーズ クーペ/カブリオレのワールドプレミアは9月のパリモーターショーの予定だったが、コロナウィルスの影響により中止されるため、年内にオンラインプレミアされると予想される。
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top