待ってろVW T-Roc R!ヒュンダイコナ、高性能「N」最終デザイン見えてきた | Spyder7(スパイダーセブン)

待ってろVW T-Roc R!ヒュンダイコナ、高性能「N」最終デザイン見えてきた

ヒュンダイが開発を進めるコンパクト・クロスオーバーSUV、『コナ』改良新型に設定される最強モデル「コナN」市販型プロトタイプをカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
ヒュンダイ コナN 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ コナN 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ コナN 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ コナN 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ コナN 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ コナN 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ コナN 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ コナN 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ コナN 開発車両 スクープ写真
ヒュンダイが開発を進めるコンパクト・クロスオーバーSUV、『コナ』改良新型に設定される最強モデル「コナN」市販型プロトタイプをカメラが捉えた。

キャッチした開発車両は、これまで被されていたシートが剥がされ、ついにボディパネルが露出、クロスオーバーよりホットハッチというイメージだ。さらに明らかになったフロントエンドとリアエンドには、アグレッシブなバンパーのペア、大型ルーフマウントスポイラー、デュアルエキゾーストパイプを装着。足回りでは、Vスポークパターンのホイールとレッドブレーキキャリパーを装備している。また噂の全輪駆動システム、スポーツサスペンションを備えるためボディがローダウンされているのが見てとれる。

キャビン内では,インフォテイメントシステムとインストルメントパネルの新しいグラフィックス、専用の室内装飾、及び体にフィットするスポーツシートが配置される。

パワートレインは、『i30N』、及び『ヴェロスターN』から流用される2.0リットル直列4気筒ガソリンを搭載、最高出力は標準で246hp、パフォーマンスパックで275hpを発揮する。トランスミッションは8速DCT、及び6速MTの設定が濃厚だ。

コナNのワールドプレミアは今夏と予想されていたが、新型コロナウィルスの影響で今年後半になる可能性もあるだろう。発売は2021年と思われ、市場ではVW『T-Roc R』と争うことになりそうだ。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top