2021トヨタ近未来EVコンパクト、「LQ」は今秋にも発表か...市販型デザイン大予想! | Spyder7(スパイダーセブン)

2021トヨタ近未来EVコンパクト、「LQ」は今秋にも発表か...市販型デザイン大予想!

自動車 新車スクープ
トヨタ LQ 市販モデル 予想CG
  • トヨタ LQ 市販モデル 予想CG
  • トヨタ LQ コンセプト
  • トヨタ LQ コンセプト
  • トヨタ LQ コンセプト
  • トヨタ LQ コンセプト
  • トヨタ LQ コンセプト
  • トヨタ LQ コンセプト
  • トヨタ LQ コンセプト
トヨタが「東京モーターショー2019」公開したフルEVコンセプトカー『LQ』に市販化の可能性が浮上している。ワールドプレミアは今秋と予想、2021年の発売が期待されるが果たして。スクープサイト「Spyder7」が市販モデルの姿を予想する。

人に寄り添う新しいテクノロジーにより「新しい時代の愛車」を具現化したコンセプトカー「LQ」は、これまでにない半円ヘッドライト形状、フロントドアには、ガラス面を採用するなど、大胆なデザインを特徴とする。最大の注目は「YUI」と名付けられたAIエージェントの搭載で、表情や動作から感情や眠気などの状態を推定、ドライバーとの会話・コミュニケーションが大幅に進化する。

予想する市販モデルのシルエットはコンセプトがベースだが、量産デザインのためウインドウ部分を上下に拡張。サイドキャラクターラインは上中下の3本ラインで立体的構成に。ウインドウはCピラーに向かって絞るデザインで、シャープな印象になることも予想される。

またリヤタイヤハウスの膨らみがワイド感を出し、ヘッドライトはC型から個性的な丸型デザインへ変更、プロジェクター2灯プラス、リング型ポジションとウインカーを内蔵し、ワイド感を強調させた縦型LEDの搭載される可能性もありそうだ。

内部には、リチウムイオン電池、大容量の54.3kWhバッテリーを搭載し、モーター出力204psを発揮する。フル充電による航続は300km程度と予想される。ボディサイズは、全長4530mm、全幅1840mm、全高1480mm、ホイールベースは2700mmというコンセプトに近いサイズとなるだろう。

コンセプトではレベル4自動運転技術を搭載するとしていた。駐車場において、乗降場と駐車スペース間で無人自動運転ができる「無人自動パーキングシステム」、ドライバーの視線移動を低減する「AR-HUD」、ドライバーの状態に合わせて、シートに内蔵した複数のエアブラダー(空気袋)や空調機能によって、覚醒やリラックスをサポートする世界初の覚醒・リラックス誘導機能付きシート、ドライバーに路面状況を知らせたり、車内外のコミュニケーションが可能なヘッドライト技術など近未来技術が満載だったが、市販モデルではどこまで反映されるか注目される。

トヨタの近未来EV『LQ』市販化へ!? 発表は今秋、発売は2021年か…デザインを予想

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top