VW旗艦SUVトゥアレグ、欧州市場にPHEVモデル投入へ!市販型を完全公開 | Spyder7(スパイダーセブン)

VW旗艦SUVトゥアレグ、欧州市場にPHEVモデル投入へ!市販型を完全公開

自動車 新車スクープ
VW トゥアレグ GTE 開発車両(スクープ写真)
  • VW トゥアレグ GTE 開発車両(スクープ写真)
  • VW トゥアレグ GTE 開発車両(スクープ写真)
  • VW トゥアレグ GTE 開発車両(スクープ写真)
  • VW トゥアレグ GTE 開発車両(スクープ写真)
  • VW トゥアレグ GTE 開発車両(スクープ写真)
  • VW トゥアレグ GTE 開発車両(スクープ写真)
  • VW トゥアレグ GTE 開発車両(スクープ写真)
  • VW トゥアレグ GTE 開発車両(スクープ写真)
VWは2月、『トゥアレグ』に最強の「R」モデルを設定した。スポーツ性能と環境性能を両立したプラグインハイブリッド(PHEV)となったことが目玉だ。今度は、よりマイルドな「GTE」が登場するようだ。

トゥアレグは2018年4月にリリース、同時に中国市場向けPHEVバージョンを発表した。最高出力231psを発揮する2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンと、最高出力136psのモーター、18kWhのバッテリーパックを備えたプラグインハイブリッドシステムを採用、システム最高出力は367psを発揮する。

トゥアレグRは3.0リットルV型6気筒ガソリンターボエンジン+モーターを組みわせるが、欧州向けとなるGTEは中国版PHEVと同様のパワートレインが予想される。ただし、中国版のEV航続距離が36マイル(58km)なのに対し、欧州版は若干短くなる可能性がある。

フルヌード状態で捉えたプロトタイプは、フロントグリルに「GTE」バッジを装着していた。バンパーのエアインテーク形状が若干異なっている以外、中国版とほとんど同じデザインが採用されていることが確認できる。

トゥアレグGTEのデビューは2020年後半が有力。派手で高価なトゥアレグRに対し、環境性能をより重視する顧客をターゲットとする。

VW トゥアレグ 新型に欧州向け「GTE」登場か…フロントグリルに“バッジ”光る

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top