ヒュンダイ次世代EVクロスオーバー「45」、市販型クーペスタイルついに露出! | Spyder7(スパイダーセブン)

ヒュンダイ次世代EVクロスオーバー「45」、市販型クーペスタイルついに露出!

ヒュンダイが、市販化を目指し開発を進める新型EVクロスオーバー・クーペSUV、『45』プロトタイプをカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
ヒュンダイ45 EVクロスオーバーSUV 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ45 EVクロスオーバーSUV 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ45 EVクロスオーバーSUV 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ45 EVクロスオーバーSUV 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ45 EVクロスオーバーSUV 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ45 EVクロスオーバーSUV 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ45 EVクロスオーバーSUV 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ45 EVクロスオーバーSUV 開発車両 スクープ写真
  • ヒュンダイ45 EVクロスオーバーSUV 開発車両 スクープ写真
ヒュンダイが、市販化を目指し開発を進める新型EVクロスオーバー・クーペSUV、『45』プロトタイプをカメラが捉えた。

「45」は、2019年のフランクフルトモーターショーでコンセプトモデルとして初公開。1974年に発表されたヒュンダイ初と同時に、韓国初でもある自動車『ポニー』からインスパイアされたモデルとして注目を集めた。

捉えたプロトタイプは、これまでの厳重なカモフラージュを脱ぎ、生産型ボディパネルが初めて露出。極端に寝かされたリアウィンドウ、ルーフスポイラー、リアクォーターウィンドウのアウトラインなどスポーティなエクステリアが見てとれるほか、コンセプトモデルに酷似したエアロホイールが装着されている。また見づらいが、ポップアップドアハンドルが採用されているようだ。

またクローズアップで捉えたコックピットは、カバーで隠されているが、コンセプトモデルのようなワイドなスクリーンを搭載している可能性がありそうだ。

市販型のアーキテクチャには、「E-GMP」(Electric Global Platform)プラットフォームを採用、今後発売予定のEVセダンと共有するとみられる。

内部では、eAWD機能用に2つの電気モーターを搭載、小さい方は前車軸に動力を供給し、より大きなモーターは後輪を駆動させる。

ワールドプレミアは、2021年1月と予想されており、『コナ・エレクトリック』より広々とした、スタイリッシュでフォーマンス志向のEVとしてデビューが期待されている。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top