ピニンファリーナ、これが次世代のデジタルコックピットだ! | Spyder7(スパイダーセブン)

ピニンファリーナ、これが次世代のデジタルコックピットだ!

ピニンファリーナ(Pininfarina)は5月15日、次世代のデジタルコックピット、「AutonoMIA」を発表した。

自動車 テクノロジー
ピニンファリーナの次世代デジタルコックピット「AutonoMIA」
  • ピニンファリーナの次世代デジタルコックピット「AutonoMIA」
  • ピニンファリーナの次世代デジタルコックピット「AutonoMIA」
ピニンファリーナ(Pininfarina)は5月15日、次世代のデジタルコックピット、「AutonoMIA」を発表した。

AutonoMIAはAI(人工知能)から5G、ディスプレイから触覚、センサーから自然なインターフェースまで、ドライビング体験の新たな喜びにテクノロジーをどのように生かせるかというテーマを掲げている。AutonoMIAは、新たな戦略的パートナーと共同で開発された。

コラボレーションの中心は、イタリア企業のARTと行ったものだ。ARTは自動車ダッシュボードのユーザーインターフェースにそのノウハウを注ぎ、高度にカスタマイズ可能なインフォテインメントプラットフォームを開発した。ARTは、AutonoMIAのすべてのハードウエアとミドルウエアを手がけている。

また、アプリケーションレイヤーのデザインは、フィンランドの自動車ソフトウエア企業のSiili_autoとの協力によって開発された。シートとすべてのクッション部品は、ARASが手がけている。

AutonoMIAでは、インフォテインメントスクリーンの機能、位置、使い勝手を大きく見直している。将来的にAutonoMIAは、ピニンファリーナのパートナーのWayRayによる拡張現実(AR)体験、ホログラフィック技術のフルカラーヘッドアップディスプレイ、自動運転、都市モビリティとインフォテインメントを足がかりにすることができるという。

ピニンファリーナのシルビオ・ピエトロ・アンゴリCEOは、「AutonoMIAはデジタル化、コネクティビティ、データとAIがモビリティを大きく再定義する時代の中、ピニンファリーナがどのようにしてデザインと創造的テクノロジーを組み合わせ、新たなオンボード体験を生み出すかを提示した」と述べている。

ピニンファリーナ、次世代のデジタルコックピット発表

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top