ジェネシスのスタイリッシュセダン、「G70」が大幅改良へ...スプリット・ヘッドライト採用! | Spyder7(スパイダーセブン)

ジェネシスのスタイリッシュセダン、「G70」が大幅改良へ...スプリット・ヘッドライト採用!

ヒュンダイが展開するジェネシスブランドから発売されている4ドアセダン、『G70』改良新型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

自動車 新車スクープ
ジェネシス G70 改良新型 スクープ写真
  • ジェネシス G70 改良新型 スクープ写真
  • ジェネシス G70 改良新型 スクープ写真
  • ジェネシス G70 改良新型 スクープ写真
  • ジェネシス G70 改良新型 スクープ写真
  • ジェネシス G70 改良新型 スクープ写真
  • ジェネシス G70 改良新型 スクープ写真
  • ジェネシス G70 改良新型 スクープ写真
  • ジェネシス G70 改良新型 スクープ写真
ヒュンダイが展開するジェネシスブランドから発売されている4ドアセダン、『G70』改良新型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

G70は、コンセプトモデルとして2016年のニューヨークモーターショーで初公開。翌2017年にどうブランド第3弾として発売された。プラットフォームをキア『スティンガー』と共有、同ブランドの主力セダンとして期待されており、ライバルはメルセデスベンツ『Cクラス』、BMW『3シリーズ』、アウディ『A4』などだ。

捉えたプロトタイプは、フロントとリアエンドの多くにマスクがされディテールは不明だ。しかし、ヘッドライトの一部が露出、上下に分割されたスプリットライトが見てとれるほか、テールライトの新グラフィックも確認できる。ボデイサイドもマスクで覆われているが、フェイスリフトのためボディパネルの変更はないだろう。

キャビン内では、より大きなディスプレイ、デジタルクラスタ、新しいインフォテイメントシステムが導入されるほか、室内装飾品やトリムオプションの変更も期待できるだろう。

パワートレインでは、現行型に搭載されている2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーガソリンエンジンは、2.5リットユニットに変更される可能性が高く、最高出力290hp、最大トルク420Nmを発揮、トランスミッションは8速デDCTと組み合わされる。

改良新型のワールドデビューは、2020年内と予想される。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top